創造館でアンデパンダン展を開催中

文化・芸能

[ 2016年 5月 21日 土曜日 8時02分 ]

 「第64回アンデパンダン展」(同展実行委員会主催)が24日まで、飯田市小伝馬町の県飯田創造館で開かれている。出品者19人が、さまざまな技法で制作した絵画や工芸約70点を展示している。

 「アンデパンダン」はフランスで起こった美術運動。作家の批判精神や創作性を尊重し、自主・自立を目指して活動した。日本では1949(昭和24)年から東京・上野で開催。その流れをくみ、飯田では54(同29)年から毎年開いている。作品の審査・鑑別は行わず、さまざまなジャンル・形態の作品を出品できる。

 今回は飯田下伊那地域の60―80代まで、19人が参加。油彩や水彩、鉛筆などで描いた絵画や木版画、ちぎり絵、切り絵、工芸といったさまざまなジャンルの作品が集まった。

 絵画は風景や静物、人物、動物などが題材。伊那谷の風景を丁寧なタッチで描いた風景画や、植物の姿を細部まで描き込んだ水彩画、カラフルな色彩でモチーフを象徴的に表現した抽象画など。寄り添う夫婦やリハビリをする人、車椅子に座る人など、6点にわたって老人の姿を追った連作を出品した人もいる。

 会場には、ヒョウタン数十個を加工して組み立てた人形やヒョウタンランプ、彫刻を施した木のループタイなどの工芸作品も並んでいる。

 午前9時から午後5時(最終日は同4時)まで、入場無料。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

地元業者から提案も

1月26日火曜日15:34

西洋料理を気軽に

1月26日火曜日15:23

352人分採取し「全て陰性」

1月25日月曜日16:13

10年の歩み振り返り展望

1月25日月曜日15:50

対話重視し新たな村政へ

1月25日月曜日14:23

弓道クが全国で5位に

1月23日土曜日13:14

職員と村民に感謝

1月23日土曜日13:37

特産「竜峡小梅」が開花

1月22日金曜日15:42

仮設道路の通行「大丈夫」

1月22日金曜日15:23

高齢者の感染拡大懸念

1月21日木曜日15:51

集中できる学習の場を

1月21日木曜日15:43

「対話通じて前へ進む」

1月20日水曜日15:03

「成り木責め」豊作願う

1月20日水曜日15:29

設置取りやめに異論なく

1月19日火曜日15:49

西川氏が無投票当選へ

1月19日火曜日15:06








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞