創造館で南信美術会会員小品展

文化・芸能

[ 2016年 8月 26日 金曜日 15時46分 ]

創造館で南美小品展

 飯田下伊那の美術家らでつくる南信美術会(仲田耕治会長)による本年度会員小品展が30日まで、飯田市小伝馬町の県飯田創造館ふれあいギャラリーと301号室で開かれている。日本画と洋画、彫刻、工芸の4部門の小品計81点を飾っている。

 同会は1946(昭和21)年に発足した。飯伊のプロ、セミプロなどで構成され、公募展と会員展を毎年開催。公募展では大作が出品されるのに対し、会員展では小品を一人2点まで発表している。

 今回は日本画19点、洋画49点、彫刻10点、工芸3点で、2部門にわたって出品している会員も。今回、工芸部が他の展覧会にも参加しているため、通常より出品数が減少している。

 絵画では、静物や植物、人物、風景などを題材とした作品が並ぶ。旅先や身近な風景を落ち着いた色彩で描いたり、画面を構成するモチーフを精緻に描写したり。文字や幾何学形を複雑に組み合わせた象徴的な絵もある。

 彫刻の部門では、異なる素材を組み合わせた作品や、植物の自然な形を生かして制作したオブジェなど。工芸では、紫や緑の色調が印象的な織物や陶芸作品が展示されている。入場無料。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

昼神の宿泊状況「回復傾向」

9月18日金曜日16:48

規模縮小し地域つなぐ

9月18日金曜日16:56

マニフェスト読み比べ

9月17日木曜日15:43

地元の映画を盛り上げよう

9月17日木曜日15:53

かごいっぱいの栗に笑顔

9月16日水曜日15:36

「シャイン」狩り開始へ

9月16日水曜日15:26

店の前での飲食可能に

9月15日火曜日15:06

「贈り物」が山麓彩る

9月15日火曜日15:34

エールの街で老舗探訪/ロケ地訪問も/ヤマサちくわが飯伊在住者を特別優待

9月13日日曜日16:33

都内の高校と連携協定へ

9月12日土曜日13:33

繭づくり目指し大切に

9月12日土曜日13:58

安心して果物狩りを

9月11日金曜日15:52

拡大備えて検査体制充実

9月11日金曜日15:25

町の子どもどう育てるか

9月10日木曜日15:08

「実りゆく」をお得に見よう

9月10日木曜日15:00








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞