創造館で日本画院出品作家展

文化・芸能

[ 2015年 11月 21日 土曜日 8時12分 ]

 日本画の公募団体・日本画院に参加する飯田下伊那地域在住者をはじめとした「第12回日本画院出品作家展」が24日まで、飯田市小伝馬町の県飯田創造館で開かれている。5月に東京で開催された日本画院展への出品作や、県内外からの賛助出品など、多彩な表現を試みた40点余を展示している。

 飯伊の日本画院出品作家でつくる「日本画院飯田会」(今村晴雄代表)が毎秋開き、12回目。東京の会場への出品・受賞作、日頃制作した小品などを飾り、1年間の活動の成果を発表している。

 会場には、植物や風景、人物、動物などを題材にした作品が並ぶ。黄葉したイチョウが印象的な秋の湖畔や、うねる波の間を泳いでいくペンギンの群れ、水面から吹き上がるように打ち上げられた花火を橋の上から眺める人々など。役員を中心に県内外の19人から寄せられた賛助出品作も展示されている。

 飯田会からは12人が参加。このほど亡くなった名誉会員の中村泉さんの遺作5点も展示しており、窓辺に置かれたカラーの鉢の周囲を金や銀、緑、青の光線が走る「窓辺」、高層ビルの合間から光が差し込む「残照」といった作品が並んでいる。

 今村代表は「ことしは全国から多くの人が参加してくれた。伝統的な日本画だけでなく、いろんな表現方法の作品があるので楽しんでもらえたら」と、来場を呼び掛けている。

 午前9時から午後5時(最終日は同3時)まで。入場無料。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

戦後73年・伝える記憶2 「悲劇伝えるきっかけに」 水曲柳会が慰霊碑移転

8月17日金曜日17:09

戦後73年・伝える記憶1 「市民の力で支えたい」 満蒙記念館ボラ木村さん

8月17日金曜日17:37

泰阜村 横前村長が初登庁 風通しのいい行政へ決意

8月17日金曜日15:50

故人供養する花火も 時又で第41回灯ろう流し

8月17日金曜日15:08

お盆に大人の第一歩を 下伊那7会場で成人式

8月15日水曜日13:39

阿南町「新野の盆踊り」幕開け 3夜連続踊り明かす

8月15日水曜日13:19

りんご並木周辺で歩行者天国イベント

8月14日火曜日13:01

阿南町で和合の念仏踊り始まる

8月14日火曜日13:03

飯田で国際会議が開幕 人形劇のAVIAMA総会 アジアで初開催

8月11日土曜日14:00

泰阜村 松島村政6期24年に幕 拍手に包まれ笑顔で退任 

8月11日土曜日14:49

総文祭 飯田女子高で人形劇部門開催 人形で巧みに心情表現

8月10日金曜日16:14

「シャルルヴィル・メジェール通り」命名式 飯田市が友好都市30周年記念し

8月10日金曜日15:30

飯田と友好提携30周年 仏シャルルヴィル・メジェール市長が来訪

8月9日木曜日16:52

待望施設の開業祝う 大鹿村道の駅「歌舞伎の里 大鹿」

8月9日木曜日16:48

新棟建設へ協力募る 修学旅行受入れ視野に 満蒙開拓平和記念館

8月9日木曜日15:49