創造館で第62回写真県展~市内2人が部門最高賞

文化・芸能

[ 2012年 10月 13日 土曜日 14時59分 ]

 県民芸術祭2012参加「第62回写真県展」(県写真連盟など主催)が12日、飯田市小伝馬町の県飯田創造館で始まった。審査を経て選ばれた推薦、特選、入選作品と、県写真連盟役員の招待作品など300点以上を展示している。15日まで。

 長野会場を皮切りに始まり、12月まで県内7カ所で展示される。今回の総応募点数は4984点。一般で単写真と組写真、新人、学生の4部門があり、選考を経て推薦4点、特選18点、準特選10点、入選275点が決まった。

 飯田下伊那関係では、飯田〇八写真クラブの小島洋志さんが組写真の部で、飯田燦燦写友会の久保田田鶴子さんが新人の部で、それぞれ部門最高賞にあたる「推薦」を受賞。2人の作品を含め7点が入賞、44点が入選している。

 小島さんの受賞作「金環食」は、5月に起こった金環日食を題材に。雲を通して、太陽の上に月がほぼ重なった状態を撮影したものと、木漏れ日で白い壁一面に太陽の影が映った様子を捉えたものを、組写真として応募した。「珍しい現象だったので、いいものを撮りたいとねらっていた。神様がその機会を与えてくれた」とした。

 久保田さんは5月に駒ケ根市で撮影した「春のリズム」を出品。道沿いに咲くスイセンと、背景の青空に厚い雲が広がっている光景を捉えた。「スイセンと、その間から雑草が生えている様子が互いに競争しているようでおもしろいと思って撮った。賞をいただいたのは思いがけないこと。仲間や、写真を勧めてくれた夫に感謝したい」と語った。

 単写真の部で特選3に選ばれた大原税子さんは、神奈川県の湘南海岸で撮影した「渚慕情」で入賞。夕方のやや暗い海で、強い風を受けて肩がはだけた女性の後ろ姿を収めた。「一昨年に一度出品して入選もしなかったものだったけど、好きな写真だったので再度挑戦してみた。女性のつやっぽさが出た」とし、「生き様の中に、人の温もりや悲しさが表れた写真を撮りたい」と話していた。

 開場は午前9時から午後6時(最終日は同5時)まで、入場無料。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        

最近の記事

松川町 コスタリカTシャツ作成 中学生が考案

7月18日水曜日15:20

近畿ウオーキング笑会、信濃比叡広拯院に500選達成旗を奉納

7月18日水曜日15:54

阿南町で化石発掘体験イベント

7月17日火曜日15:21

飯田の焼き肉を東京から発信 新宿にオープンした飯田屋好評

7月17日火曜日15:09

南信濃で37度記録 飯伊各地で連日の猛暑日

7月16日月曜日14:23

260年の節目を盛大に 川路で合同祇園まつり

7月16日月曜日14:46

人形劇のまち40年② 「人形劇は楽しさ感じる場」 ひとみ座の田川陽香さん

7月16日月曜日14:12

「善意の川」内外に発信 看板を新調 千代小の活動は来年50周年

7月14日土曜日14:41

豊かな自然と交流満喫 泰阜村であじさいウオーキング

7月14日土曜日14:27

新しい園芸品種に認定 森田さん申請の「思伊出桜」

7月13日金曜日15:57

今年は“中華”で鹿肉料理 下農生が高校生レストラン 29日

7月13日金曜日15:30

売木村 愛知大と連携協定 協働のまちづくり推進

7月12日木曜日15:58

県民協働へ発信力向上 県の若手職員が横断チーム発足

7月12日木曜日15:34

人形劇のまち40年① 地元に密着した祭典を フェスタ実行委員長の原田雅弘さん

7月11日水曜日16:37

売木村 村制70周年で記念式典 原風景残し発展誓う

7月11日水曜日15:52