力合わせしめ縄奉納

文化・芸能

[ 2020年 12月 8日 火曜日 15時29分 ]

 飯田市八幡の鳩ケ嶺八幡宮本殿に6日、来年の秋季祭典で年番を務める松尾水城区(塩澤一広区長、塩澤良明年番長)が、この日作った真新しいしめ縄を奉納した。

 鳩ケ嶺八幡宮のしめ縄は氏子の11区が交代で担っており、御神田で育てた背丈の長い品種のわらを使用。3本の縄を編んで太くて長いしめ縄を完成させた。

 約50人が朝から水城コミュニティ消防センターに集まり、神事に続いてしめ縄を制作。午後から力を合わせて八幡宮まで運び、本殿正面に取り付けると、最後に奉納神事を行った。

 塩澤年番長(71)は熱気を帯びたしめ縄作りを見守りながら「前回の経験者はわずかにいるが、なるべく控えて若い人たちを中心に作ってもらった。次の時代の区を担い、盛り上げていってほしい」と話した。

◎写真説明:熱気を帯びたしめ縄作り

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

北部5町村でワクチン接種券配布

4月21日水曜日15:09

春の星空を堪能

4月21日水曜日15:35

1人超過の激戦始まる

4月20日火曜日16:35

接種券の発送始まる

4月20日火曜日16:26

コロナ禍の舌戦始まる

4月19日月曜日15:49

新造船「布袋丸」が完成

4月19日月曜日15:07

天龍村議選20日告示

4月17日土曜日14:27

ライトアップで街道彩る

4月17日土曜日14:59

3人落ちの選挙戦へ

4月16日金曜日15:50

甘酒入り食パンを開発

4月16日金曜日15:09

将来の担い手に魅力伝える

4月15日木曜日15:46

旬の味覚を味わって

4月15日木曜日15:45

楽しみ共有できる場に

4月14日水曜日15:35

集団接種5月14日から

4月14日水曜日15:15

三位一体 魂吹き込む

4月13日火曜日16:41










記事の検索はこちらから





















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞