千代の野池地区で事の神送り開く

文化・芸能

[ 2018年 2月 8日 木曜日 15時09分 ]

 飯田市千代の野池地区で8日、1年の無病息災を願う「事の神送り」が行われ、住民らが「風の神」や「馬」などと書かれた紙を飾りつけた竹飾りを地区境まで運んだ。国の選択無形民俗文化財「伊那谷のコト八日行事」の一つで、龍江や上久堅地区などを経て喬木村境まで送られる。

 疫病などの原因となる神さまを村の外へ送り出す行事で、400年以上前から伝わるとされる。

 野池では「コト八日」の2月8日に行っており、高さ2メートルほどの竹飾りには髪の毛や爪などを包んだ紙の袋などもつるした。

 午前9時半に住民ら15人が竹飾りを連ねて野池公民館を出発。鉦(かね)や太鼓を打ち鳴らし、田力地区との境まで約2キロを歩いた。

 地区境に到着すると、竹飾りを置き、慣わし通りに後ろを振り返らないように帰路についた。

 事の神は田力地区から龍江、上久堅へと住民らによってリレーのように送られ、10日に千代芋平地区を起点に始まるコースの事の神と合流し、最終的に喬木村境まで送られる。

 榊山信雄区長(66)は「天気に恵まれ、無事に行事を進めることができて良かった。伝統を受け継いでいけたら」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

12月13日に旗揚げ公演

11月25日水曜日15:14

開かれた場で議論「大切に」

11月25日水曜日15:30

新店舗の詳細検討へ協定

11月24日火曜日15:10

新野の雪祭り 21年は中止

11月24日火曜日15:46

地域を豊かにする地産地消を

11月23日月曜日13:21

研究活動への眼差し広め

11月23日月曜日13:08

先輩の体験談 職業身近に

11月21日土曜日13:55

木質エネルギーで農業振興

11月21日土曜日13:15

戸中・壬生沢工区着工へ

11月20日金曜日15:27

新たな体験価値を創出

11月20日金曜日15:13

議員定数検討の中間報告

11月19日木曜日15:33

住民に寄り添う姿勢強調

11月19日木曜日15:16

かわいい新包装で再発

11月18日水曜日15:48

機動性高い最新機器実演

11月18日水曜日15:30

出身学生の帰省安心に

11月17日火曜日15:42








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞