千代野池区で大将荒神

文化・芸能

[ 2017年 2月 6日 月曜日 15時26分 ]

001chiyo

 飯田市千代の野池区(75戸)で4日、江戸後期から続く厄除け行事「大将荒神(たいしょうこうじん)」が行われた。地元の小中学生11人が集落内の8カ所で太鼓と鉦(かね)を鳴らし、「大将荒神、大将荒神」と唱えながら住民と一緒に数珠を回して1年の無病息災を祈願した。

 天保の大飢饉が起き、千代でも農作物の不作と病気の流行が深刻だった1833(天保4)年に、行者のお告げに従って始まったとされ、木地師が作ったという365個の数珠を持って野池の全戸を回る時代が長く続いた。

 数珠の数は行事の最中にひもが切れるなどして減り、巡回場所を組合の集会場に集約するなど、時代の移り変わりとともに変化した点はあるものの、子どもたちが中心となって180年以上続く伝統を守っている。

 ことしも野池神社を出発した子どもたちの一行は、移動中も「大将荒神」と唱え続けながら6集会場と最終地点の個人宅を訪ねた。集まった住民たちは「天保4年癸巳(みずのとみ)7月」と刻まれた大きな珠(たま)が手元に来ると、額に押し当てて1年の無事を祈っていた。

 区長の榊山信雄さんは「私が子どもの頃は家々でもらった炒り豆や干し柿をはんてんの内側に縫い付けた袋に入れ、夜中まで回った」と昔を懐かしみ、当時と比べて少なくなった子どもたちが行事を続ける姿をPTAの役員とともに見守った。

 太鼓をたたき、最年長としてリーダーシップを発揮した中学3年の榊山秀輝君(15)は「何年もやっているが、古い伝統をこれからも続けたいとあらためて思う」と話していた。

 8日には国の選択無形民俗文化財「伊那谷のコト八日行事」の一つ、「事の神送り」が千代の芋平と野池で行われ、芋平から上久堅方面、野池からは龍江方面にリレー形式で事の神を送る。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

お盆に大人の第一歩を 下伊那7会場で成人式

8月15日水曜日13:39

阿南町「新野の盆踊り」幕開け 3夜連続踊り明かす

8月15日水曜日13:19

りんご並木周辺で歩行者天国イベント

8月14日火曜日13:01

阿南町で和合の念仏踊り始まる

8月14日火曜日13:03

飯田で国際会議が開幕 人形劇のAVIAMA総会 アジアで初開催

8月11日土曜日14:00

泰阜村 松島村政6期24年に幕 拍手に包まれ笑顔で退任 

8月11日土曜日14:49

総文祭 飯田女子高で人形劇部門開催 人形で巧みに心情表現

8月10日金曜日16:14

「シャルルヴィル・メジェール通り」命名式 飯田市が友好都市30周年記念し

8月10日金曜日15:30

飯田と友好提携30周年 仏シャルルヴィル・メジェール市長が来訪

8月9日木曜日16:52

待望施設の開業祝う 大鹿村道の駅「歌舞伎の里 大鹿」

8月9日木曜日16:48

新棟建設へ協力募る 修学旅行受入れ視野に 満蒙開拓平和記念館

8月9日木曜日15:49

激戦地で平和を願う 阿智村の小中学生が沖縄訪問

8月8日水曜日15:29

健常者にない表現力を 5施設がアートで交流

8月8日水曜日15:20

水中の世界繰り広げ 巨大人形劇「さんしょううお」公演

8月7日火曜日15:44

6日に飯田で観測史上最高37.7度 夜に大雨、降ひょう被害も

8月7日火曜日15:01