半世紀ぶりに松一獅子が復活

文化・芸能

[ 2011年 4月 2日 土曜日 11時30分 ]

 1962(昭和37)年の飯田お練りまつりまで勇壮な舞を披露していた飯田市松尾町1丁目の獅子舞「松一獅子」が、地元地域の子どもたちの手によって半世紀ぶりに復活する。5日、同市追手町の桜丸御門、通称「赤門」の開門式で初披露する。

 62年のお練りまつりを最後に、舞い手の減少で、その後姿を見せることがなくなった松一獅子。大人獅子は「拳が鼻の中に入るぐらい大きかった」という木製の獅子頭だったが、飯田大火で焼失。子ども獅子は復活させたものの、徐々に町内の子どもの数も減り、出場辞退を余儀なくされたという。

 今回の復活劇は、今年度、伝統芸能継承事業を展開する橋南まちづくり委員会が同町に提案・協力して実現。橋南児童クラブの子どもたちに声掛けし、昨年10月ごろから本格的な練習を開始した。指導にあたっているのは、同町自治会長の池田拓三さん(63)ら62年のお練りまつり経験者ら5人。約半年間かけ、6曲あるうちの1曲「道中の舞」を子どもたちと一緒になって復元した。

 今回、獅子頭役を務める2人のうちの1人、小学2年生男子は「段々上手く舞えるようになってきた。披露する日が楽しみ」と笑顔。池田さんも「満足いく仕上がり具合。子ども獅子のがんばりを見て、大人獅子の復活もできればうれしい」と話していた。

 5日は正午からの開門式で練習の成果を初披露する。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

7月豪雨が工事に影響

9月30日水曜日15:25

観光やスポーツで活性化

9月29日火曜日15:30

高校生目線で直接質問

9月29日火曜日15:01

飯田線が全線再開

9月28日月曜日14:31

90トンの鋼桁を設置

9月28日月曜日14:18

移住定住推進委が初会合

9月26日土曜日14:49

アサギマダラ 今年も飛来

9月26日土曜日14:10

果物のフードロス解消へ

9月25日金曜日15:29

秋にも花を楽しんで

9月25日金曜日15:27

予定の現新2派が出席

9月24日木曜日15:21

赤い花びっしりと

9月24日木曜日15:17

コロナ禍での結束誓う

9月23日水曜日15:48

7カ月ぶりにアマの舞台

9月23日水曜日14:53

「実りゆく」を見に行こう

9月21日月曜日13:59

森林で伐採の見学も

9月21日月曜日13:00








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞