南信州の屋台獅子が大集合

文化・芸能

[ 2011年 10月 18日 火曜日 15時14分 ]

 4回目を数える南信州獅子舞フェスティバルが16日、飯田市の中心市街地で開かれ、県外からの2団体を含む23団体が伝統の舞を繰り広げた。創作獅子舞コンテストや南信州うまいもん大集合などのイベントも開かれ、多数の観覧者でにぎわった。

 中心市街地“丘の上”での開催は第2回大会からで、今回が3回目。ことしは飯田駅前から銀座までの中央通りを演舞会場に開き、有料・無料の複数の観覧席を設けた。

 各ポイントでは、南信州が誇る伝統の屋台獅子が勇ましく、華やかに個性あふれる舞を展開。祭囃子に併せて右へ左へ、上に下に獅子頭を振るわせ、観衆を魅了した。

 茨城県の柳貴家正楽社中の水戸大神楽と東京都の目黒流貫井囃子保存会の祝獅子舞も参加し、守り続けている舞を発表。小学生や中学生たちのオリジナル獅子が登場する創作獅子舞コンクールでは、オリジナリティー豊かな舞が次々と披露され、観衆を沸かせた。

 会場近くの中央公園では各地の伝統食や郷土料理が集合する南信州うまいもん大集合が開かれ、地元を中心とする多彩な屋台村が設営された。

 フェスは「南信州が誇る伝統芸能の獅子舞を全国にPRしたい」と、飯田りんごんの会場で鼎地区の保存会員らが開いていた「THE獅子舞」を発展させる形で、2008年から開かれている。南信州に伝わる獅子舞は「屋台獅子」と呼ばれ、大型バスほどの大きさのものが多く、巨大獅子が一堂に介するイベントとして定着している。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

開始早々初回分埋まる

5月11日火曜日15:49

東北にいってらっしゃい

5月11日火曜日15:41

自然とアートが融合

5月10日月曜日15:58

飯田が17年ぶりに南信制す

5月10日月曜日15:51

村の新たな観光拠点に

5月8日土曜日13:17

30匹が元気よく

5月8日土曜日13:01

「参加者の安全確保して」

5月7日金曜日15:42

屋外で多彩な催し

5月7日金曜日15:53

2度の延期乗り越え門出祝う

5月4日火曜日13:01

クリンソウが開花

5月4日火曜日13:10

焼き肉のたれでヒットを

5月3日月曜日13:00

子どもたちの声援を力に

5月3日月曜日13:22

連帯し未来切り開く

5月1日土曜日13:38

地区に響く茶摘み唄

5月1日土曜日13:25

2年ぶり開催向け協議

4月30日金曜日15:45










記事の検索はこちらから





















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞