南信州獅子舞フェスが初の屋内開催

文化・芸能

[ 2017年 10月 16日 月曜日 16時11分 ]

002sshishimai

 第10回南信州獅子舞フェスティバル(実行委員会主催)が15日、飯田市吾妻町の市公民館で開かれた。雨に降られて初めての屋内開催とし、20団体がステージで舞を披露した。

 3年ほど前から南信州獅子舞フェス実行委員会と交流がある富山県小矢部(おやべ)市から招いた観音町獅子方若連中は、色鮮やかなほろを 揺らしながらの百足(むかで)獅子の舞を披露。獅子舞の多様性を印象付けた。

   *   *

 雨のため屋内開催となった同フェスティバルだが、会場となった市公民館ホールは超満員となり、各保存会は照明の下、力の入った演舞で盛り上げた。

 初出演した鼎の東鼎獅子舞保存会は「ピチピチの新人さんです」というアナウンスに続いて舞を披露。若者から高齢者までの保存会員が2列に並び、この日のために練習を重ねた笛の音を響かせた。

 ロビーでは富山県射水市の獅子舞アーティスト、高畠久宗さん(26)による獅子頭の製作実演もあり、来場者や獅子舞関係者の注目を集めた。

 戸崎敬実行委員長(65)は「あいにくの雨となったが、スポットライトを浴びながら舞う獅子は見栄えがする。リズムを崩さずに見せ場を工夫した各保存会の演舞も素晴らしかった。お客さんも多く入り、結果的によい祭典になった」と振り返った。

 伝統芸能の継承に向け、昨年から目立つようになった“親子獅子”は今回も多く「いい傾向」「子どもからお年寄りまでが一緒に取り組む姿は温かみがある」といった声が多く聞かれた。

 家族6人で来場した下久堅の女性(30)は「千代の芋平で獅子舞に参加していたので、以前から来たかった。子どもも獅子舞が好きで、どうしても見たいと言っていた。すごく素敵な催しだと思う」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        

最近の記事

阿南町で化石発掘体験イベント

7月17日火曜日15:21

飯田の焼き肉を東京から発信 新宿にオープンした飯田屋好評

7月17日火曜日15:09

南信濃で37度記録 飯伊各地で連日の猛暑日

7月16日月曜日14:23

260年の節目を盛大に 川路で合同祇園まつり

7月16日月曜日14:46

人形劇のまち40年② 「人形劇は楽しさ感じる場」 ひとみ座の田川陽香さん

7月16日月曜日14:12

「善意の川」内外に発信 看板を新調 千代小の活動は来年50周年

7月14日土曜日14:41

豊かな自然と交流満喫 泰阜村であじさいウオーキング

7月14日土曜日14:27

新しい園芸品種に認定 森田さん申請の「思伊出桜」

7月13日金曜日15:57

今年は“中華”で鹿肉料理 下農生が高校生レストラン 29日

7月13日金曜日15:30

売木村 愛知大と連携協定 協働のまちづくり推進

7月12日木曜日15:58

県民協働へ発信力向上 県の若手職員が横断チーム発足

7月12日木曜日15:34

人形劇のまち40年① 地元に密着した祭典を フェスタ実行委員長の原田雅弘さん

7月11日水曜日16:37

売木村 村制70周年で記念式典 原風景残し発展誓う

7月11日水曜日15:52

収穫、出荷が本格化 天龍村のていざなす

7月11日水曜日15:26

100回目の夏が幕開け 飯伊球児も堂々と行進 高校野球長野大会

7月10日火曜日15:24