24団体の演舞を満喫 南信州獅子舞フェスタ

文化・芸能

[ 2014年 10月 21日 火曜日 9時09分 ]

 第7回南信州獅子舞フェスティバルが19日、飯田市の中心市街地で開かれ、多数の聴衆が獅子22、太鼓2の計24団体の演舞を満喫した。

 中心市街地で開くのは第2回から数えて5回目で、昨年が雨天中止となったため、2年ぶりの開催となった。

 ことしは中央通りに5カ所の観覧ポイントを設け、各団体が順に移動して自慢の舞を披露した。

 宇天王や天狗が起こして導く獅子や、着物姿の女性たちが踊って案内する舞など、各地区が保存してきた伝統芸は多彩。飯田下伊那特有の巨大な屋台獅子とともに、迫力満点の演舞で聴衆を魅了していた。

 飯田市公民館ホールでは、恒例になった創作獅子舞コンクールを開催。5回目のことしは園児ら5団体が参加し、手作りの獅子でステージ上を動き回り、かわいらしい創作舞を披露した。

 新たなキャンペーンガールとして「獅子ガール」も登場し、各所でイベントをPRして祭りを盛り上げた。

 フェスは「南信州が誇る伝統芸能の獅子舞を全国にPRしたい」と、飯田りんごんの会場で鼎地区の保存会員らが開いていた「THE獅子舞」を発展させる形で、2008年から開かれている。

 南信州に伝わる獅子舞は「屋台獅子」と呼ばれ、大型バスほどの大きさのものが多く、巨大獅子が一堂に介するイベントとして定着している。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

22年春オープンへ整備

8月6日木曜日15:31

劇場型機能を集約

8月6日木曜日15:56

「小中併設校」化を答申へ

8月5日水曜日15:11

「次郎長貨幣」8日発売

8月5日水曜日15:47

名場面がスタンプに

8月4日火曜日15:21

子ヤギ30頭の競りに沸く

8月4日火曜日15:57

御用聞き事業本格スタート

8月3日月曜日16:47

飯田市で販売始まる

8月3日月曜日16:14

学生主導で魅力伝える

8月1日土曜日13:33

「適正な森林管理の継続を」

8月1日土曜日13:37

古墳文化に親しんで

7月31日金曜日15:03

「夏休みに読書楽しんで」

7月31日金曜日15:04

飯田の会社員男性「陽性」

7月30日木曜日15:25

飯田市がコロナ対策第4弾を発表

7月30日木曜日15:39

海辺の青い鳥飯田で

7月29日水曜日15:33








記事の検索はこちらから















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞