南信州獅子舞フェスティバル開催

文化・芸能

[ 2015年 10月 20日 火曜日 9時28分 ]

 第8回南信州獅子舞フェスティバルが18日、飯田市中央通りと市公民館前のプール跡地を舞台に開かれた。飯田下伊那地域特有の巨大な屋台獅子を中心に獅子舞21団体、太鼓2団体が出演し、個性的な舞や演奏で観衆を魅了した。

 飯田の中心市街地で開くのは第2回から数えて6回目。中央通り1―4丁目とプール跡地の多目的公園に計5つの演舞ポイントを設け、出演団体が順に登場した。

 ことしは一部のポイントで演舞の制限時間を長くしており、各団体は存分に自慢の舞を披露。宇天王や天狗が獅子を起こして導いたり、着物姿の女性たちが踊って獅子を案内したり、神楽に合わせてキツネが踊ったりと、それぞれが伝承するバラエティー豊かな芸能で参加者たちを楽しませた。

 演舞ポイントを移るパレードの時間もあり、「健康で頭が良くなる」との言い伝えから獅子に頭をかんでもらう子どもや、無病息災や商売繁盛を祈願した獅子の飾り尾花をもらう大人たちの姿も見られた。

 市公民館ホールでは、恒例になった創作獅子舞コンクールを開催。子どもを中心に5団体が出演し、段ボールなどで作った獅子頭をステージ上に舞わせるかわいらしい創作舞を披露した。

 戸崎敬実行委員長は「多くの方に足を運んでいただき、テーマだった舞い手自身が楽しみ、将来に向けて祭りを盛り上げることは実現できたと思う。経験も積んできており、円滑な運営もできた」と振り返り、来年以降の継続開催に意欲を示していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

伊那山地「戸中」今夏着工へ

2月27日木曜日15:07

飯田市がコロナウイルス対策本部設置

2月27日木曜日15:13

新型肺炎影響受け「また交流しようね」

2月26日水曜日15:29

県がコロナウイルスで基本方針策定

2月26日水曜日15:23

先輩移住者との交流も

2月25日火曜日15:39

牧野氏が市長選に立候補の意向表明

2月25日火曜日15:33

愛称は「渋谷りんごパーク」

2月24日月曜日14:16

3日間の窯たきまっとう

2月24日月曜日14:34

好例を課題解決の糸口に

2月22日土曜日14:50

「2020」本達成に笑顔咲く

2月22日土曜日14:49

拳銃置き忘れる

2月21日金曜日15:01

「今年も来てね!」と願い込め

2月21日金曜日15:06

「伝える」「伝わる」喜び体感

2月20日木曜日15:30

「天龍峡大橋」パズルに

2月20日木曜日15:54

農泊事業に新たな風を

2月19日水曜日15:12








記事の検索はこちらから














スポンサーリンク


南信州電子版購読

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞