南信書道展が開幕

文化・芸能

[ 2013年 6月 29日 土曜日 8時48分 ]

 南信書道会(伊藤尚和会長)が主催する第64回南信書道展覧会(南信州新聞社など後援)が28日、飯田市吾妻町の市公民館で開幕した。最高賞の飯田市長賞受賞作品など、多彩な作風の入賞・入選作品が2、3階に展示され、来場者を楽しませている。30日まで。

 応募総数は290点。高校の部を除く全部門で減少し、前年を81作品下回ったものの、一般漢字と高校生の2部門に対する審査員の評価は高い。

 審査長を務めた関口越山さんは「特に高校生の作品は古典の臨書にいろんな作風があって素晴らしい。楽しく見てもらえると思う」と話した。

 一般漢字で南信州新聞社賞を受賞した作品に対し、関口さんは「墨の濃淡、潤渇をうまく使い、調和もとれた良い作品」と評した。

 鼎から訪れたかな文字愛好家の女性たちは「脳の活性化のために続けているが、先生が誉めてくれるのでやる気が出る。こうした機会に優れた作品に触れ、上達したい」と話していた。

 入場無料。開場は午前9時から午後5時まで(最終日は4時閉場)。表彰式は30日午後2時から同館4階で開く。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

傾斜地一面に1000株の花

7月11日土曜日13:24

事務所開設し活動本格化

7月11日土曜日13:49

土地取得し、造成後も管理

7月10日金曜日15:15

事業安定させ次世代へ

7月10日金曜日15:31

ルミナコイドに注目を

7月9日木曜日15:41

12年ぶり選挙戦へ動き加速

7月9日木曜日15:39

飯伊初の「大雨特別警報」

7月8日水曜日15:15

飯田の夜空に大輪の花

7月8日水曜日15:42

現職金田氏無投票で再選へ

7月7日火曜日15:52

赤く色づき肥大順調

7月7日火曜日15:04

伍和地区でデマンドタクシー

7月6日月曜日15:05

現職清水氏が3選

7月6日月曜日15:38

18日に無観客ライブ

7月4日土曜日14:42

被爆アオギリに想い託し

7月4日土曜日13:59

新たな昼の楽しみ提供

7月3日金曜日15:01








記事の検索はこちらから















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞