吉川さん保管の「虎之図」が春草作品と鑑定

文化・芸能

[ 2011年 9月 30日 金曜日 12時49分 ]

 下伊那郡内在住の男性が所有し、阿智村伍和に住む日本画家、吉川優さん(53)が保管している屏風絵「虎之図」がこのほど、飯田市出身の日本画家、菱田春草(1874~1911年)の作品であると鑑定された。春草が17歳ごろに描いた作品で研究対象としても貴重な資料となりそうだ。

 高さ95センチ、幅274センチのこの屏風絵(六曲半双)は、岩の上に乗った、たけだけしい表情の虎を墨一色で描いたもの。躍動感あふれるその筆致は、後年の春草作品からは想像できないほどの勢いがある。

 春草が東京美術学校(現東京芸大)の学生だったころの作で、春草の親戚宅に納められたものという。その後、何人かの手に渡り現在の所有者が譲り受けた。以前から春草作と伝えられていたが落款や署名が無かったため、吉川さんを通じて東京美術倶楽部鑑定委員会(東京)に依頼した。現在、春草作品の公式鑑定は同委員会のみが行っている。

 春草を私淑する吉川さんによれば、同作品は「狩野派の絵手本から抜け出そうとする過渡期にあたるもの」で研究価値は高いという。「虎の足は若々しくて春草の若さそのもの。紙と墨は粗悪品だが、その中で精いっぱいの誠意を持って描いているのが分かる」と吉川さん。勢いのある筆致が特徴だが、特に岩の部分の表現法は抽象絵画の域にも迫るほどだ。

 所有者は同作品を春草の生誕地である飯田市に残したい意向で、吉川さんは「市民にも広く関心を持ってもらうことが何より大切」と話している。

 「虎之図」は11月4日から6日まで、阿智村コミュニティ館で開く吉川さんの個展会場で公開する予定だ。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        

最近の記事

南信濃で37度記録 飯伊各地で連日の猛暑日

7月16日月曜日14:23

260年の節目を盛大に 川路で合同祇園まつり

7月16日月曜日14:46

人形劇のまち40年② 「人形劇は楽しさ感じる場」 ひとみ座の田川陽香さん

7月16日月曜日14:12

「善意の川」内外に発信 看板を新調 千代小の活動は来年50周年

7月14日土曜日14:41

豊かな自然と交流満喫 泰阜村であじさいウオーキング

7月14日土曜日14:27

新しい園芸品種に認定 森田さん申請の「思伊出桜」

7月13日金曜日15:57

今年は“中華”で鹿肉料理 下農生が高校生レストラン 29日

7月13日金曜日15:30

売木村 愛知大と連携協定 協働のまちづくり推進

7月12日木曜日15:58

県民協働へ発信力向上 県の若手職員が横断チーム発足

7月12日木曜日15:34

人形劇のまち40年① 地元に密着した祭典を フェスタ実行委員長の原田雅弘さん

7月11日水曜日16:37

売木村 村制70周年で記念式典 原風景残し発展誓う

7月11日水曜日15:52

収穫、出荷が本格化 天龍村のていざなす

7月11日水曜日15:26

100回目の夏が幕開け 飯伊球児も堂々と行進 高校野球長野大会

7月10日火曜日15:24

待望の打ち上げに歓声 冨士山稲荷神社の「むぎわら祭り」

7月10日火曜日15:12

甘み十分、ピンク色に 豊丘村で桃狩り始まる

7月7日土曜日14:15