名手とジャズバンジョーライブ

文化・芸能

[ 2014年 3月 29日 土曜日 8時10分 ]

 飯田市在住のバンジョー奏者、尾崎さとしさんらでつくる実行委員会は27日夜、欧州を代表するバンジョーの名手ショーン・モイゼズさん(英国出身)らを迎えたジャズバンジョーライブ(南信州新聞社など後援)を桐林の竜丘公民館で開いた。尾崎さんは海外の大物との共演に感激しながら、懐かしい楽曲と軽快な音色で80人超の来場者を楽しませた。

 「音楽的道化師ましゅ&Kei」のましゅとして国内外で活躍する尾崎さんは近年、バンジョー奏者としての活動にも力を入れるようになり、ショーンさんとは4年前から交流がある。

 以前から憧れの存在だったというショーンさんを迎えた地元公演は、友人20人の力を借りて開催。尾崎さんが参加する4人編成バンド「ピーチボーイズ」も出演し、「世界は日の出を待っている」「聖者の行進」などで共演した。

 尾崎さんは「ネット動画を見たり、通販でCDを取り寄せて聴き入っていたショーンと共演できるようになるとは、夢にも思っていなかった」と目を輝かせ、バンドのメンバーと「ワシントン広場の夜はふけて」「ムーンリバー」やフォスターなどの南部メドレーを陽気に奏でた。

 ショーンさんは卓越した演奏に柔らかみのあるボーカルも織り交ぜ「ティーフォートゥー」「ハンガリー舞曲」、色あせない名曲「ミスターサンドマン」、ジャズの先駆けとなったラグタイムの人気曲などを披露。「お客さんは温かく、熱心に聴いてくれた」と好反応を喜んでいた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

自然とアートが融合

5月10日月曜日15:58

飯田が17年ぶりに南信制す

5月10日月曜日15:51

村の新たな観光拠点に

5月8日土曜日13:17

30匹が元気よく

5月8日土曜日13:01

「参加者の安全確保して」

5月7日金曜日15:42

屋外で多彩な催し

5月7日金曜日15:53

2度の延期乗り越え門出祝う

5月4日火曜日13:01

クリンソウが開花

5月4日火曜日13:10

焼き肉のたれでヒットを

5月3日月曜日13:00

子どもたちの声援を力に

5月3日月曜日13:22

連帯し未来切り開く

5月1日土曜日13:38

地区に響く茶摘み唄

5月1日土曜日13:25

2年ぶり開催向け協議

4月30日金曜日15:45

新緑に映えるこいのぼり

4月30日金曜日15:24

市田柿の皮でのど飴

4月29日木曜日13:48










記事の検索はこちらから





















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞