和太鼓「花の木組」が初公演~飯田養護卒業生ら

文化・芸能

[ 2012年 6月 20日 水曜日 15時44分 ]

 喬木村の県飯田養護学校の卒業生や保護者らでつくる「和太鼓 花の木組」の初の演奏会「和 心ひとつに」が17日、飯田市鼎文化センターで開かれた。20代を中心にしたメンバー31人が息の合った鼓動を響かせ、来場者約600人を魅了した。

 同校では寄宿舎を利用する生徒や職員らでつくる「あじまっ鼓太鼓」が活動しており、その卒業生や保護者たちが2007年4月に「花の木組」を結成。毎月第2、第4日曜日を基本に同校体育館を拠点に活動している。

 これまで、地域イベントへの参加や「あじまっ鼓太鼓」の定期公演への友情出演などを通じて自信や活力を高めてきたメンバーたち。初の単独演奏会の開催を決めた昨年来、忙しい仕事の合間を縫っての練習はもとより、プログラムの準備や広告営業、PRなどにも精力的に取り組んできた。

 迎えた本番の舞台は「花群湧水」で幕開け。「風ばやし」や「ぶちあわせ」など10曲ほどを披露した。このうち、三部構成の「花の木物語」では、多彩な衣装に身を包んだ出演者らがステージ上で躍動。「ぶちあわせ」や「天地」では、勇ましい鼓動を響かせた。

 「僕にとっての太鼓は魂」「この公演に向けて準備に時間をかけた。お客様の心に残るような公演をしたい」など、思い思いの意気込みで臨んだ演奏会。心を乗せた演目が終わるたび、立ち見客も出た会場からは盛大な拍手喝采が沸き起こった。

 ゲストとして、同市上村の遠山霜月祭保存会と伊那市を拠点とした創造集団大太「大太坊」も出演し、それぞれ、花の木組のさらなる発展を願う舞や、和太鼓を基本にした多彩なパフォーマンスで盛り上げた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        

最近の記事

松川町 コスタリカTシャツ作成 中学生が考案

7月18日水曜日15:20

近畿ウオーキング笑会、信濃比叡広拯院に500選達成旗を奉納

7月18日水曜日15:54

阿南町で化石発掘体験イベント

7月17日火曜日15:21

飯田の焼き肉を東京から発信 新宿にオープンした飯田屋好評

7月17日火曜日15:09

南信濃で37度記録 飯伊各地で連日の猛暑日

7月16日月曜日14:23

260年の節目を盛大に 川路で合同祇園まつり

7月16日月曜日14:46

人形劇のまち40年② 「人形劇は楽しさ感じる場」 ひとみ座の田川陽香さん

7月16日月曜日14:12

「善意の川」内外に発信 看板を新調 千代小の活動は来年50周年

7月14日土曜日14:41

豊かな自然と交流満喫 泰阜村であじさいウオーキング

7月14日土曜日14:27

新しい園芸品種に認定 森田さん申請の「思伊出桜」

7月13日金曜日15:57

今年は“中華”で鹿肉料理 下農生が高校生レストラン 29日

7月13日金曜日15:30

売木村 愛知大と連携協定 協働のまちづくり推進

7月12日木曜日15:58

県民協働へ発信力向上 県の若手職員が横断チーム発足

7月12日木曜日15:34

人形劇のまち40年① 地元に密着した祭典を フェスタ実行委員長の原田雅弘さん

7月11日水曜日16:37

売木村 村制70周年で記念式典 原風景残し発展誓う

7月11日水曜日15:52