喬木の阿島祭り 暴れ獅子の親子共演に観客沸く

文化・芸能

[ 2013年 4月 9日 火曜日 15時53分 ]

 喬木村阿島地区に室町時代から続くとされる伝統の「阿島祭り」が6、7の両日に繰り広げられた。7日の本祭では約300年の歴史を誇り「暴れ獅子」の異名を持つ全長18メートルの阿島獅子が勇壮な舞を披露。全長10メートルの子ども獅子との共演もあり、多くの観客を沸かせた。

 八幡社の祭典と安養寺の法要会を合わせて行う神仏混交の珍しい祭り。7日は約40人の男衆による阿島獅子と約20人の小中学生による子ども獅子、囃子屋台4台が御輿(みこし)行列とともに八幡社から地区内を練り歩き、時折りの風雨に負けず安養寺を目指した。

 安養寺では、奉納を終えた暴れ獅子が境内を縦横無尽に走り回り、お囃子を奏でる屋台へも激しく体当たり。約400人の老若男女から歓声と悲鳴が上がり、祭りの熱気は最高潮に達した。

 飯伊特有の屋台獅子である子ども獅子も見所の一つ。昨年10月から月3、4回の練習を重ねてきた子どもたちが、ほろの中で太鼓や笛の音を響かせたり、強弱を織り交ぜながら獅子頭を巧みに動かしたりして祭りに花を添えた。暴れ獅子と向かい合う「親子舞」もあり、盛んな拍手が送られていた。

 阿島獅子の「継承会」の宮澤富男会長(62)は子どもたちの頑張りに目を細め「多くの阿島住民が一堂に会する機会。祭りを通じて絆や助け合いの精神がさらに強まればうれしい」と期待。喬木第一小2年の男子児童は「獅子が暴れ回る姿がかっこよかった」と祭りの熱気を喜んでいた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

買い物対策、交流の場に OIDE長姫生が橋北にスーパー開店

10月20日土曜日14:02

リニア注目「参加したい」 下條中で未来を語る会開く

10月20日土曜日14:02

丹精した菊鮮やかに 喬木村伊久間でまつり

10月19日金曜日15:12

遭難男性の遺体発見 キノコ採り中に滑落か

10月19日金曜日15:52

語り継ぐ、繰り返さない 泰阜村で戦没者と開拓犠牲者追悼式

10月18日木曜日15:20

「菊慈童」など朦朧体作品 美博の春草常設展示 28日まで

10月18日木曜日15:30

木格子大屋根を象徴に 飯田市がリニア駅周辺デザイン案

10月17日水曜日15:11

南アルプスが初冠雪 平年より8日早く

10月17日水曜日15:22

リニア中間駅3県で研究会 長野、岐阜、山梨知事が懇談

10月16日火曜日15:52

飯田駅のリンゴ色蘇る 塗り替え作業完了迫る

10月16日火曜日15:27

レスリング選手にハンガー贈呈 天龍中が五輪応援プロジェクトで

10月15日月曜日15:05

キノコ採り遭難事故急増 飯田署が注意喚起

10月15日月曜日15:11

松川町 候補地「断念」、取り下げへ リニアガイドウェイ計画で

10月13日土曜日14:01

かぶちゃん農園関連2社が破産 ファームと信州乳業

10月13日土曜日13:52

戦後73年・伝える記憶5 一木大佐通じて平和考えて 関口さんが検証本出版

10月13日土曜日13:14