喬木村の南保育園児が伝統行事を体験

文化・芸能

[ 2019年 2月 9日 土曜日 14時52分 ]

 喬木村富田の南保育園の園児らが8日、地域の伝統行事「事(こと)念仏」と「事の神送り」を体験した。

 事念仏は国選択無形民俗文化財「伊那谷のコト八日行事」の一つに数えられ、天竜川東岸などで受け継がれている。富田地区では毎年2月9日夜に催し、事念仏の翌日には、紙を結んだ笹竹に疫病神を乗せて家から追い払うという「事の神送り」がある。

 この日、村文化財保護委員長の木下俊佐さん(79)を迎え事念仏の由来などを聞いた後、園児や喬木第二小の児童、地域のお年寄りらが参加して長さ12メートルの数珠を回した。「南無阿弥陀仏」と唱え、大きな玉が回ってくるとそれぞれ額に当てて願いを込めた。家族の人数分「馬」と書くなど、事の神送りに使うお札手作りにも挑戦した。

 南保育園での体験会は3年目。木下さんは「子どもからお年寄りまでが伝統行事に触れる良い機会であり、続けてほしい」と話した。

◎写真説明:大数珠を回す園児ら

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

晴天の下大にぎわい

10月26日月曜日15:33

三菱重工業がスペースジェット凍結へ

10月26日月曜日15:31

コロナ禍で修学旅行増

10月24日土曜日13:16

5カ国の醸造所とコラボ

10月24日土曜日13:42

間伐材利用で「布」作り

10月23日金曜日15:48

歴史や文化学び絆つくる

10月23日金曜日15:59

安全安心な観光アピール

10月22日木曜日15:31

3年上田さんが県大会優勝

10月22日木曜日15:21

「災害時にどう手助けする」

10月21日水曜日15:43

永嶺氏が無投票で再選

10月21日水曜日15:45

「対話と現場主義貫く」

10月20日火曜日15:17

デザイン一新、乗り心地を向上

10月20日火曜日15:23

飯田市長に新人佐藤氏

10月19日月曜日1:59

「16年の支えに感謝」

10月19日月曜日0:39

「これからが本当の戦い」

10月19日月曜日0:28








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞