うるぎ星の森音楽祭

文化・芸能

[ 2015年 7月 29日 水曜日 9時32分 ]

 売木村教育委員会や商工会、観光協会などでつくる実行委員会主催の「うるぎ星の森音楽祭」は25日、うるぎ星の森オートキャンプ場で開かれた。多彩なジャンルのアーティスト8組によるコンサートをはじめ、日が落ちてからはキャンドルナイトを行うなどの新企画を盛り込み、村人口の約600人を上回る700人以上が訪れた。

 村の豊かな自然を全身で感じてもらうとともに、同キャンプ場を全国にPRしようと、昨年に続く2回目の開催。

 村の観光大使を務める女性デュオ「Paix2(ぺぺ)」をはじめとするアーティストらが特設ステージで歌声や演奏を披露。夜には飯田市川路の「川路竹宵の会」が設置した竹宵120本に灯りがともされる中、篠笛の音色が会場内に響き渡った。

 ことしは産業能率大学=東京都世田谷区=の学生らを含め50人余がスタッフとして参加。飲食ブースに加え、現在個人と村で推し進めるヤギの放牧事業から子ヤギと遊べるブースが設置されるなど来場者を楽しませた。

 昨年に引き続き会場に訪れた財務副大臣の宮下一郎衆議院議員は「村のファンも増えており、応援団を拡大させて地方創生のモデルにしてもらいたい」と語り、清水秀樹村長も「多くの協力を得ながら、多くの人出でにぎわいうれしい」と話した。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

手作り菓子に感謝を込め

2月25日木曜日15:53

伊達の奏者と遠隔交流

2月25日木曜日15:24

ギネス記録更新へ

2月24日水曜日16:50

「難局乗り切る」姿勢強調

2月24日水曜日15:16

流通システム構築し好循環

2月23日火曜日13:58

地域の力で竹林整備を

2月23日火曜日13:35

心一つにつながる音楽祭に

2月22日月曜日15:00

観光軸に広域連携を

2月22日月曜日15:47

下農高「校友会」が大賞

2月20日土曜日13:13

現新23人が出馬準備

2月20日土曜日13:42

ブロックごと体制構築

2月19日金曜日15:51

小黒川導水路トンネルが貫通

2月19日金曜日15:44

3団体がプロモ成果報告

2月18日木曜日15:28

137人・46社が参加

2月18日木曜日15:51

移住促進を一体的に

2月17日水曜日15:12










記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞