大鹿村で三遠南信ふるさと歌舞伎交流

文化・芸能

[ 2015年 11月 19日 木曜日 9時48分 ]

 長野、静岡、愛知の3県の地芝居の保存団体が演目を披露する「三遠南信ふるさと歌舞伎交流大鹿大会」(実行委員会主催、南信州新聞社後援)が15日、大鹿村の大鹿小学校体育館であった。

 地域の伝統文化の発信や交流を目的に1994年に始まり、22回目。三遠南信の各地で持ち回りで開き、大鹿村では2009年以来6年ぶり。

 大鹿歌舞伎保存会のほか湖西歌舞伎保存会(静岡県湖西市)、豊橋素人歌舞伎保存会(愛知県豊橋市)、浦川歌舞伎保存会(静岡県浜松市)が出演し、このうち大鹿は太平記を題材にした「神霊矢口渡 八郎物語の段」を披露した。

 会場には県内外の歌舞伎ファンらが足を運び、伝統的な歌舞伎を保存する4団体の競演を堪能。見えを切る場面では客席から大きな拍手とともにおひねりが飛んだ。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

飯田最後の個人書店が閉店

4月22日木曜日15:23

大鹿歌舞伎の春定期公演

4月22日木曜日15:21

北部5町村でワクチン接種券配布

4月21日水曜日15:09

春の星空を堪能

4月21日水曜日15:35

1人超過の激戦始まる

4月20日火曜日16:35

接種券の発送始まる

4月20日火曜日16:26

コロナ禍の舌戦始まる

4月19日月曜日15:49

新造船「布袋丸」が完成

4月19日月曜日15:07

天龍村議選20日告示

4月17日土曜日14:27

ライトアップで街道彩る

4月17日土曜日14:59

3人落ちの選挙戦へ

4月16日金曜日15:50

甘酒入り食パンを開発

4月16日金曜日15:09

将来の担い手に魅力伝える

4月15日木曜日15:46

旬の味覚を味わって

4月15日木曜日15:45

楽しみ共有できる場に

4月14日水曜日15:35










記事の検索はこちらから





















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞