大鹿中学校で歌舞伎公演会

文化・芸能

[ 2010年 9月 28日 火曜日 9時26分 ]

 大鹿中学校で26日、歌舞伎公演会があった。全校生徒20人が一丸となり、体育館のステージを舞台に熱演した。

 同校によると、1981(昭和56)年の大河原と鹿塩両中学校の統合以前、鹿塩中のころから続く恒例の歌舞伎公演会。一昨年までは歌舞伎班が行ってきたが、生徒数の減少に伴い昨年から全校生徒で演じている。

 外題は、平安時代の扇屋を舞台に源氏と平家の武将の因果な関係を描いた「源平咲別躑躅 扇屋の段」。村民たちでつくる大鹿歌舞伎保存会の北村尚幸さん(49)の指導で、4月からけいこを始めた。

 けいこは総合的な学習の時間を使い、週に2時間ほど。役者、太夫、黒子に分かれ、うち役者は5月から6月にかけて台詞を覚え、夏休みの期間中には小道具を使って所作を身に付けた。

 大鹿歌舞伎の定期公演と同様に、きらびやかな衣装に着替え、化粧を施すと準備万端。生徒の家族や住民、観光客らが詰め掛けた会場で熱演した。

 見せ場で役者が見えを切るたび歓声が上がったり、おひねりが飛んだ。物語がクライマックスに近づくにつれ舞台上は無数のおひねりで埋まった。

 またこの日は同校と交流がある上伊那郡中川村の中川中学校の生徒も駆けつけ、伝統の芝居をゆったり楽しんでいた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

下條産リンゴ使ってます

5月29日金曜日15:46

伴野運動公園リニューアル

5月29日金曜日15:29

手摘みの茶で遠山郷PR

5月28日木曜日15:33

「中心市街は回復遅い」

5月28日木曜日15:31

車上検査の実演を公開

5月27日水曜日15:40

実付き良好 笑顔広がる

5月27日水曜日15:22

天龍中で待望の「泳ぎ初め」

5月26日火曜日15:50

地域の貴重な植物守ろう

5月26日火曜日15:42

小中学校が「一斉登校」再開

5月25日月曜日15:43

「外来・検査センター」開設

5月25日月曜日15:38

飯伊でもマスク需要変化

5月23日土曜日14:17

平谷シニアも作業

5月23日土曜日13:55

音楽文化どう守るか

5月22日金曜日15:50

ヤギで「除草」「動物園」

5月22日金曜日15:55

影響受ける地元事業者支援

5月21日木曜日15:08








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞