大鹿村「夜泣き松」の県天然記念物指定へ諮問

文化・芸能

[ 2017年 8月 25日 金曜日 15時47分 ]

002ooshika

 大鹿村鹿塩のアカマツ「夜泣き松」について、県教委は24日の定例会で、県天然記念物に追加指定するよう県文化財保護審議会に諮問する方針を決めた。9月7日の同審議会に諮問する予定。

 夜泣き松は、樹高15メートル、推定樹齢700年。菅沼鑑二さん(85)方に植わり、地元の河合自治会が管理する。1975(昭和50)年には村天然記念物に指定された。

 菅沼さんによると、南北朝時代から既に成木であったとされる。大鹿村とゆかりのある宗良(むねなが)親王の姫の枕元に、この松の小枝を置いたところ夜泣きが止まったことから「夜泣き松」と呼ばれるようになった。

 「古くから河合地区の中心的な存在だった」と菅沼さん。失火によって木の一部を焼き、父らと懸命に火消しに当たったという40年ほど前の思い出などを回想し、県天然記念物指定を楽しみにした。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

定数超の13派出席

5月14日金曜日15:13

「飯田北改良」構造物設計

5月14日金曜日15:14

環境対策工を一部変更

5月13日木曜日15:04

環境対策巡る懸念伝える

5月13日木曜日15:11

山梨工区の広河原斜坑を公開

5月12日水曜日15:51

学習の集大成を披露

5月12日水曜日15:24

開始早々初回分埋まる

5月11日火曜日15:49

東北にいってらっしゃい

5月11日火曜日15:41

自然とアートが融合

5月10日月曜日15:58

飯田が17年ぶりに南信制す

5月10日月曜日15:51

村の新たな観光拠点に

5月8日土曜日13:17

30匹が元気よく

5月8日土曜日13:01

「参加者の安全確保して」

5月7日金曜日15:42

屋外で多彩な催し

5月7日金曜日15:53

2度の延期乗り越え門出祝う

5月4日火曜日13:01










記事の検索はこちらから





















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞