大鹿村の井上欣一さんが能面で大賞

文化・芸能

[ 2017年 8月 23日 水曜日 16時23分 ]

001inoue

 人間国宝の能楽師らが審査に当たる「第11回島熊山(しまくまやま)能面祭」(8月20日・大阪府豊中市)で、大鹿村鹿塩に工房「柿其(かきぞれ)」を構える井上欣一さん(69)が大賞「梅若玄祥賞」を初受賞した。優れた古面をつけ慣れている能楽師の厳しい審査を受けた上での評価に、井上さんは「受賞は名の知れた人ばかりなので驚いている」とうれしそうに話した。

 同能面祭では過去3度入賞経験がある。今回は「きりっとした美人顔」をテーマに小面(若い女の面)を製作。昨年末に着手し、今年1月には一度完成したが、6月まで何度も修正を重ねた。

 同能面祭は全国の能面製作者から舞台で使える能面・狂言面を募集し、人間国宝の梅若玄祥さん、大槻文蔵さんら能楽師が審査する。審査員からは「口と彩色が非常によく、少し手直しすればすぐにでも使用できる」と評価された。

 大阪府出身。28年間勤めたデザイン関係の会社を退職後、木曽郡上松町の上松技術専門学校で木工技術を学び、2004年に工房を開設した。

 当初は漆の器などを手掛けていたが、08年に同村に活動拠点を移した以降、会社員時代に興味を持ったという舞楽面や能面などの面創りに専念。13年には瑠璃寺(高森町)の陵王面を奉納した。

 また11年には金沢現代美術展優良賞を受賞するなど、これまでにも様々な賞を受賞している。

 今後について、井上さんは「今も残っている優れた古面に、どれだけ近づけるか挑戦したい」と抱負を語った。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        

最近の記事

阿南町で化石発掘体験イベント

7月17日火曜日15:21

飯田の焼き肉を東京から発信 新宿にオープンした飯田屋好評

7月17日火曜日15:09

南信濃で37度記録 飯伊各地で連日の猛暑日

7月16日月曜日14:23

260年の節目を盛大に 川路で合同祇園まつり

7月16日月曜日14:46

人形劇のまち40年② 「人形劇は楽しさ感じる場」 ひとみ座の田川陽香さん

7月16日月曜日14:12

「善意の川」内外に発信 看板を新調 千代小の活動は来年50周年

7月14日土曜日14:41

豊かな自然と交流満喫 泰阜村であじさいウオーキング

7月14日土曜日14:27

新しい園芸品種に認定 森田さん申請の「思伊出桜」

7月13日金曜日15:57

今年は“中華”で鹿肉料理 下農生が高校生レストラン 29日

7月13日金曜日15:30

売木村 愛知大と連携協定 協働のまちづくり推進

7月12日木曜日15:58

県民協働へ発信力向上 県の若手職員が横断チーム発足

7月12日木曜日15:34

人形劇のまち40年① 地元に密着した祭典を フェスタ実行委員長の原田雅弘さん

7月11日水曜日16:37

売木村 村制70周年で記念式典 原風景残し発展誓う

7月11日水曜日15:52

収穫、出荷が本格化 天龍村のていざなす

7月11日水曜日15:26

100回目の夏が幕開け 飯伊球児も堂々と行進 高校野球長野大会

7月10日火曜日15:24