大鹿村釜沢で伝統行事「おふだん」開く

文化・芸能

[ 2015年 1月 23日 金曜日 9時48分 ]

 大鹿村釜沢地区伝統の二十日正月(はつかしょうがつ)行事の「おふだん」(数珠回し)は20日、旧集会所で行われ、住民13人が参加した。

 まず色紙で作った花をモミジの枝に付けた花飾りの「おふだん」を作成。集会所に安置の十一面観音像やえんま像に、団子などとともに供えた。

 松下隆男さんが「江戸時代中期からのおふだん。以前は村内各地で行われていたが現在は釜沢だけで伝承されている」などと説明し、区長の谷口昇さんの先導で般若心経を唱えた。

 その後、車座に座り直して長さ7・2メートルの大数珠を「なむあみだぶつ」と唱えながら反時計回りに36回(本来は108回)。仏の供養と住民の無病息災、安泰を祈願した。

 最近は20日に近い日曜日に変更して行い、他地区から親子連れで参加する人もあったが、ことしは従来通りの20日に行い、地区の大人のみの参加で実施した。

 古くは地区にあった大竜寺で行ったが、廃寺により1954(昭和29)年から旧集会所に仏像も移された。数珠回しは略してお経を唱えるだけになっていたのを91(平成3)年から保存会を結成し継続している。数珠の保管箱には元文五(1740)年と記されている。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

伊那山地「戸中」今夏着工へ

2月27日木曜日15:07

飯田市がコロナウイルス対策本部設置

2月27日木曜日15:13

新型肺炎影響受け「また交流しようね」

2月26日水曜日15:29

県がコロナウイルスで基本方針策定

2月26日水曜日15:23

先輩移住者との交流も

2月25日火曜日15:39

牧野氏が市長選に立候補の意向表明

2月25日火曜日15:33

愛称は「渋谷りんごパーク」

2月24日月曜日14:16

3日間の窯たきまっとう

2月24日月曜日14:34

好例を課題解決の糸口に

2月22日土曜日14:50

「2020」本達成に笑顔咲く

2月22日土曜日14:49

拳銃置き忘れる

2月21日金曜日15:01

「今年も来てね!」と願い込め

2月21日金曜日15:06

「伝える」「伝わる」喜び体感

2月20日木曜日15:30

「天龍峡大橋」パズルに

2月20日木曜日15:54

農泊事業に新たな風を

2月19日水曜日15:12








記事の検索はこちらから














スポンサーリンク


南信州電子版購読

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞