大鹿歌舞伎 初の追加公演1800人拍手

文化・芸能

[ 2011年 11月 1日 火曜日 16時04分 ]

 大鹿村に約300年前から伝わる「大鹿歌舞伎」(国選択無形民俗文化財)の追加公演が30日、同村大鹿小学校体育館であった。映画「大鹿村騒動記」でも注目を集め、県内外から1800人が来場。伝統の地芝居ならではの舞台と客席との一体感を楽しんだ。

 ロケ地にもなった大河原の大磧(たいせき)神社を予定していたが、雨模様のため会場を変更した。2階ギャラリーを含めて満員で、校内に同時中継の会場も特設した。

 この日の演目は、大鹿歌舞伎オリジナルで平家の落ち武者、悪七兵衛景清が源氏に戦いを挑む「六千両後日文章 重忠館の段」。映画でも取り上げられた。伝統を受け継ぐ村民による熱演に、観客からは掛け声と拍手がわき起こり、見えを切る場面ではおひねりも飛んだ。

 開演に先立ち、映画の全国公開直後の7月に病死した俳優、原田芳雄さんへの感謝状が、映画にも出演した長女の麻由さんに柳島貞康村長から贈られ、盛んな拍手を浴びた。

 妻役を演じた大楠道代さんに続いて阪本順治監督があいさつ。阪本監督は「映画撮影を楽しんでいた原田さんとともに壇上に上りたかった。原田さんも感激していると思う」と述べた。

 16日の定期公演に次ぐ特別企画。追加公演は、1983(昭和58)年に春と秋1日ずつの定期公演が始まって以来初めて。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

楽しみ共有できる場に

4月14日水曜日15:35

集団接種5月14日から

4月14日水曜日15:15

三位一体 魂吹き込む

4月13日火曜日16:41

定数3超の26派が出席

4月13日火曜日16:18

27人予定、4人落ちの激戦に

4月10日土曜日13:25

山村留学生18人が抱負

4月10日土曜日13:44

参院補選の期日前投票

4月9日金曜日16:52

スポーツでの交流拠点に

4月9日金曜日16:46

与野党対決火ぶた

4月8日木曜日15:42

子どもの「心のケア大事に」

4月8日木曜日15:20

園児に聖火トーチ披露

4月7日水曜日15:01

人波作戦で交通安全PR

4月7日水曜日15:45

開花に合わせ田に水張り

4月6日火曜日15:13

高校生活への期待胸に

4月6日火曜日15:33

中山間地に「新しい風を」

4月5日月曜日16:21










記事の検索はこちらから





















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞