大鹿歌舞伎 初の追加公演1800人拍手

文化・芸能

[ 2011年 11月 1日 火曜日 16時04分 ]

 大鹿村に約300年前から伝わる「大鹿歌舞伎」(国選択無形民俗文化財)の追加公演が30日、同村大鹿小学校体育館であった。映画「大鹿村騒動記」でも注目を集め、県内外から1800人が来場。伝統の地芝居ならではの舞台と客席との一体感を楽しんだ。

 ロケ地にもなった大河原の大磧(たいせき)神社を予定していたが、雨模様のため会場を変更した。2階ギャラリーを含めて満員で、校内に同時中継の会場も特設した。

 この日の演目は、大鹿歌舞伎オリジナルで平家の落ち武者、悪七兵衛景清が源氏に戦いを挑む「六千両後日文章 重忠館の段」。映画でも取り上げられた。伝統を受け継ぐ村民による熱演に、観客からは掛け声と拍手がわき起こり、見えを切る場面ではおひねりも飛んだ。

 開演に先立ち、映画の全国公開直後の7月に病死した俳優、原田芳雄さんへの感謝状が、映画にも出演した長女の麻由さんに柳島貞康村長から贈られ、盛んな拍手を浴びた。

 妻役を演じた大楠道代さんに続いて阪本順治監督があいさつ。阪本監督は「映画撮影を楽しんでいた原田さんとともに壇上に上りたかった。原田さんも感激していると思う」と述べた。

 16日の定期公演に次ぐ特別企画。追加公演は、1983(昭和58)年に春と秋1日ずつの定期公演が始まって以来初めて。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

小中学校が「一斉登校」再開

5月25日月曜日15:43

「外来・検査センター」開設

5月25日月曜日15:38

飯伊でもマスク需要変化

5月23日土曜日14:17

平谷シニアも作業

5月23日土曜日13:55

音楽文化どう守るか

5月22日金曜日15:50

ヤギで「除草」「動物園」

5月22日金曜日15:55

影響受ける地元事業者支援

5月21日木曜日15:08

おいしいメンマ期待し

5月21日木曜日15:32

地元シードル「より大勢に」

5月20日水曜日15:15

コロナに負けず頑張ろう

5月20日水曜日15:42

全業種対象に給付金

5月19日火曜日15:08

夏に向け「さっぱり」

5月19日火曜日15:53

県外から多くの人出

5月18日月曜日16:05

児童の笑い声 校舎に響く

5月18日月曜日16:39

「伝統野菜」地域で守る

5月16日土曜日13:41








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞