大鹿歌舞伎、国重文指定祝う横断幕 映画監督からは花束も

文化・芸能

[ 2017年 3月 17日 金曜日 15時30分 ]

国重文指定を祝う横断幕

 大鹿村に江戸時代から伝わる地芝居「大鹿歌舞伎」の国重要無形民俗文化財指定を受け、村は指定を祝う横断幕を庁舎に掲げた。映画「大鹿村騒動記」を手掛けた阪本順治監督からは花束が届き、指定証書のコピーと一緒にロビーに飾られている。

 指定後の最初となる5月の定期公演で、村は指定を報告する予定。柳島貞康村長は「いろいろな形でお祝いムードを高め、伝統の歌舞伎を広くPRもしていく」と話した。

 国の文化審議会は大鹿歌舞伎など7件の指定を1月に答申、3月に宮田亮平文化庁長官から指定証書を受けた。近世以来の地方の村落における芸能の受容や展開を示すとともに、独自の演技・演目を有するなど地域的特色や芸能の変遷過程を示すもの―とし、「わが国を代表する地芝居」と評価された。

 大鹿歌舞伎は1767(明和4)年に村で上演されたのが最古の記録として残る。1977(昭和52)年に県無形民俗文化財、96年に全国で初めて国選択無形民俗文化財に指定された。

 住民有志の役者らによって受け継がれ、83年からは定期公演を大河原の大磧神社(5月3日)と鹿塩の市場神社(10月第3日曜日)で開いている。演目は約30種類。このうち平家の落ち武者・悪七兵衛景清が源氏に戦いを挑む姿を描いた「六千両後日之文章 重忠館の段」は大鹿歌舞伎オリジナルで、地芝居特有の狂言として全国的にも貴重な伝承―と評される。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        

最近の記事

松川町 コスタリカTシャツ作成 中学生が考案

7月18日水曜日15:20

近畿ウオーキング笑会、信濃比叡広拯院に500選達成旗を奉納

7月18日水曜日15:54

阿南町で化石発掘体験イベント

7月17日火曜日15:21

飯田の焼き肉を東京から発信 新宿にオープンした飯田屋好評

7月17日火曜日15:09

南信濃で37度記録 飯伊各地で連日の猛暑日

7月16日月曜日14:23

260年の節目を盛大に 川路で合同祇園まつり

7月16日月曜日14:46

人形劇のまち40年② 「人形劇は楽しさ感じる場」 ひとみ座の田川陽香さん

7月16日月曜日14:12

「善意の川」内外に発信 看板を新調 千代小の活動は来年50周年

7月14日土曜日14:41

豊かな自然と交流満喫 泰阜村であじさいウオーキング

7月14日土曜日14:27

新しい園芸品種に認定 森田さん申請の「思伊出桜」

7月13日金曜日15:57

今年は“中華”で鹿肉料理 下農生が高校生レストラン 29日

7月13日金曜日15:30

売木村 愛知大と連携協定 協働のまちづくり推進

7月12日木曜日15:58

県民協働へ発信力向上 県の若手職員が横断チーム発足

7月12日木曜日15:34

人形劇のまち40年① 地元に密着した祭典を フェスタ実行委員長の原田雅弘さん

7月11日水曜日16:37

売木村 村制70周年で記念式典 原風景残し発展誓う

7月11日水曜日15:52