大鹿歌舞伎「秋の定期公演」開く

文化・芸能

[ 2009年 10月 20日 火曜日 17時57分 ]

 大鹿村に江戸時代から伝わる「大鹿歌舞伎」(国選択無形民俗文化財)の秋の定期公演が18日、大鹿村鹿塩の市場神社で開かれた。さわやかな秋空のもと、役者が大見得(みえ)を切るたび、集まった観光客ら約2000人から大きな拍手が起き、おひねりが飛んだ。

 外題は、平安時代に源氏に滅ぼされた奥州安倍一族の壮絶な復讐を描いた「奥州安達原」の「宗任(むねとう)物語の段」と「袖萩祭文(そではぎさいもん)の段」の2幕。どちらも役者たちがきらびやかな衣装で登場し、浄瑠璃太夫の弾き語りに合わせて大きく見えを切ったりして観客の拍手を誘った。

 見せ場では観客から歓声が上がり、次々とおひねりが投げ入れられた。舞物語がクライマックスに近づくにつれ舞台上は無数のおひねりで、まるで雪が積もったよう。静岡県浜松市から夫婦で訪れた三石芳子さん(61)は「初めて見物しましたが、見事な熱演に感動しました」と笑顔だった。

 この日は天候にも恵まれ、境内は開演前から観客でびっしり。立ち見も出た。子ども連れも多く、ござを広げるなどして小学生から70代までの役者による伝統の地芝居をゆったり楽しんでいた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

北部5町村でワクチン接種券配布

4月21日水曜日15:09

春の星空を堪能

4月21日水曜日15:35

1人超過の激戦始まる

4月20日火曜日16:35

接種券の発送始まる

4月20日火曜日16:26

コロナ禍の舌戦始まる

4月19日月曜日15:49

新造船「布袋丸」が完成

4月19日月曜日15:07

天龍村議選20日告示

4月17日土曜日14:27

ライトアップで街道彩る

4月17日土曜日14:59

3人落ちの選挙戦へ

4月16日金曜日15:50

甘酒入り食パンを開発

4月16日金曜日15:09

将来の担い手に魅力伝える

4月15日木曜日15:46

旬の味覚を味わって

4月15日木曜日15:45

楽しみ共有できる場に

4月14日水曜日15:35

集団接種5月14日から

4月14日水曜日15:15

三位一体 魂吹き込む

4月13日火曜日16:41










記事の検索はこちらから





















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞