大鹿歌舞伎がイタリアで公演、9月に18年ぶりの海外

文化・芸能

[ 2010年 8月 28日 土曜日 13時42分 ]

 大鹿村に江戸時代から伝わる大鹿歌舞伎の保存と伝承に取り組む「大鹿歌舞伎愛好会」が26日夜、9月のイタリア公演に備え、鹿塩地区館で稽古を始めた。海外公演は1992(平成4)年のドイツ以来18年ぶり。

 農山村の景観や伝統文化などを守る活動に取り組むNPO法人「日本で最も美しい村」連合に加盟する同村。同村などによると、世界連合の会議が9月4日からイタリアのサン・ジネーズィオ町で開かれ、その中で特別公演するという。

 メンバーは愛好会会長の下沢敏さん(75)、笹木猛さん(72)、北村尚幸さん(49)=いずれも大河原=の3人。

 外題は、初陣から瀕死の状態で帰ってきた若武者「十次郎」が味方の敗北を告げて静かに息を引き取る場面などを描いた「絵本太功記 尼ケ崎の段」の一部分。本来だと役者9人で演じるが、役者は十次郎役の下沢さんのみ。笹木さんはカギ打ち、北村さんは浄瑠璃太夫を担当する。

 この日は台本の確認から始まり、動作や時間配分、イタリアの会場を想定し立ち位置などもみっちり。十次郎を演じるのは10年ぶりという下沢さんだが、浄瑠璃太夫の弾き語りが始まるとスムーズに18歳の若武者を演じ、大きく見えを切ったりもした。雰囲気で伝わるよう動作を大きくするなど試行錯誤した。

 下沢さんは「どこまで伝わるか分からないが、精いっぱい演じ、大鹿歌舞伎のいいところを見せたい」と張り切っていた。9月2日の出発まで同会場で稽古を重ねる。

 上演時間は15~20分程度。上演を前に、隈(くま)取りなどの化粧の様子や衣装の着付け風景なども披露する。75歳の男性が18歳の若者に変身していく様子も楽しんでもらう計画だ。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

コロナ禍の舌戦始まる

4月19日月曜日15:49

新造船「布袋丸」が完成

4月19日月曜日15:07

天龍村議選20日告示

4月17日土曜日14:27

ライトアップで街道彩る

4月17日土曜日14:59

3人落ちの選挙戦へ

4月16日金曜日15:50

甘酒入り食パンを開発

4月16日金曜日15:09

将来の担い手に魅力伝える

4月15日木曜日15:46

旬の味覚を味わって

4月15日木曜日15:45

楽しみ共有できる場に

4月14日水曜日15:35

集団接種5月14日から

4月14日水曜日15:15

三位一体 魂吹き込む

4月13日火曜日16:41

定数3超の26派が出席

4月13日火曜日16:18

27人予定、4人落ちの激戦に

4月10日土曜日13:25

山村留学生18人が抱負

4月10日土曜日13:44

参院補選の期日前投票

4月9日金曜日16:52










記事の検索はこちらから





















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞