大鹿歌舞伎の春の定期公演

文化・芸能

[ 2015年 5月 5日 火曜日 8時59分 ]

 300年前から続く国選択無形民俗文化財「大鹿歌舞伎」の春の定期公演が3日、大鹿村大河原の大磧神社であった。県内外から集まった約1000人が、村民が演じる素朴な地芝居を楽しんだ。

 村民らでつくる愛好会のメンバーが役者、太夫などを務め、太平記を題材にした「神霊矢口渡 頓兵衛住家の段」と、平家物語の悲話を題材にした「一谷嫩軍記 熊谷陣屋の段」を上演。

 このうち「頓兵衛住家の段」は落ち武者新田義峯が兄の義興を殺した渡し場の渡守・頓兵衛の屋敷を訪ねる物語で、義峯に一目ぼれした頓兵衛の娘お舟が義峯の身代わりになって頓兵衛に刺されながらも貫くいちずな恋を描いている。伝統を受け継ぐ村民による熱演に、観客からは掛け声と拍手がわき起こり、見えを切る場面ではおひねりが飛んだ。

 初めて観劇した千葉県野田市の女性(66)は「映画で知り、定期公演に合わせて訪れました。想像以上で楽しめました」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

新店舗の詳細検討へ協定

11月24日火曜日15:10

新野の雪祭り 21年は中止

11月24日火曜日15:46

地域を豊かにする地産地消を

11月23日月曜日13:21

研究活動への眼差し広め

11月23日月曜日13:08

先輩の体験談 職業身近に

11月21日土曜日13:55

木質エネルギーで農業振興

11月21日土曜日13:15

戸中・壬生沢工区着工へ

11月20日金曜日15:27

新たな体験価値を創出

11月20日金曜日15:13

議員定数検討の中間報告

11月19日木曜日15:33

住民に寄り添う姿勢強調

11月19日木曜日15:16

かわいい新包装で再発

11月18日水曜日15:48

機動性高い最新機器実演

11月18日水曜日15:30

出身学生の帰省安心に

11月17日火曜日15:42

環境保全の計画公表

11月17日火曜日15:16

8年ぶりにカメラ発見

11月16日月曜日15:16








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞