大鹿歌舞伎春の定期公演開く

文化・芸能

[ 2012年 5月 5日 土曜日 9時29分 ]

 大鹿村で3日、300年近い歴史を持つ国の選択無形民俗文化財「大鹿歌舞伎」春の定期公演があった。県内外の観客約1200人が、村民が演じる素朴な地芝居を楽しんだ。

 雨模様のため、会場が大河原の大磧(たいせき)神社の境内から大鹿小学校体育館に変更された。

 平家物語の一ノ谷の合戦を題材にした「一谷嫩(ふたば)軍記 須磨浦の段」と、夫婦が恩人の菅原道真のために自らの子を犠牲にする「菅原伝授手習鑑(かがみ) 寺子屋の段」の2幕。どちらも役者たちがきらびやかな衣装で登場し、浄瑠璃太夫の弾き語りに合わせて大きく見えを切ったりして観客の拍手を誘った。

 伝統を受け継ぐ村民による熱演に、観客からは掛け声と拍手がわき起こった。見えを切る場面ではおひねりが飛び、物語がクライマックスに近づくにつれ舞台上は無数のおひねりで白く染まった。

 村民有志による保存会のメンバー約30人が毎年春と秋に上演する定期公演。昨年7月に亡くなった俳優、原田芳雄さんが主演した映画「大鹿村騒動記」の題材にもなり、注目を集めた。

 映画を見たことがきっかけで訪れた県外からの観客も多く、役者と観客が一体となった伝統の地歌舞伎をゆったり堪能。映画を見て興味を持ち、神奈川県藤沢市から訪れたという女性(57)は「今回は体育館だったけど楽しめました。今度は晴れた日に境内で楽しみたい」などと喜んでいた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        

最近の記事

松川町 コスタリカTシャツ作成 中学生が考案

7月18日水曜日15:20

近畿ウオーキング笑会、信濃比叡広拯院に500選達成旗を奉納

7月18日水曜日15:54

阿南町で化石発掘体験イベント

7月17日火曜日15:21

飯田の焼き肉を東京から発信 新宿にオープンした飯田屋好評

7月17日火曜日15:09

南信濃で37度記録 飯伊各地で連日の猛暑日

7月16日月曜日14:23

260年の節目を盛大に 川路で合同祇園まつり

7月16日月曜日14:46

人形劇のまち40年② 「人形劇は楽しさ感じる場」 ひとみ座の田川陽香さん

7月16日月曜日14:12

「善意の川」内外に発信 看板を新調 千代小の活動は来年50周年

7月14日土曜日14:41

豊かな自然と交流満喫 泰阜村であじさいウオーキング

7月14日土曜日14:27

新しい園芸品種に認定 森田さん申請の「思伊出桜」

7月13日金曜日15:57

今年は“中華”で鹿肉料理 下農生が高校生レストラン 29日

7月13日金曜日15:30

売木村 愛知大と連携協定 協働のまちづくり推進

7月12日木曜日15:58

県民協働へ発信力向上 県の若手職員が横断チーム発足

7月12日木曜日15:34

人形劇のまち40年① 地元に密着した祭典を フェスタ実行委員長の原田雅弘さん

7月11日水曜日16:37

売木村 村制70周年で記念式典 原風景残し発展誓う

7月11日水曜日15:52