姑射橋周辺で天龍峡をどりを開催

文化・芸能

[ 2017年 9月 4日 月曜日 15時54分 ]

002tenryukyo

 飯田市の天龍峡を世に広めた「龍峡小唄」を再び地域に根付かせるイベント「天龍峡をどり」(天龍峡観光開発整備推進協議会主催、南信州新聞社など後援)が2日夜、飯田市川路―龍江間の姑射橋(こやきょう)周辺で開かれた。多くの人が地区内外から集まり、正調龍峡小唄を生演奏に合わせて踊った。

 龍峡小唄と踊りを天龍峡の再生と活性化につなげようと、2010年に新しい名称でスタートした催しで、今年は天龍峡命名170周年、初代姑射橋架橋140周年記念行事として開催。浴衣姿の男女が橋の上と両岸で輪になって踊り、後半は打ち上げ花火が峡谷を照らした。

 休憩時間には、踊りを通して天龍峡と交流がある遠山郷の住民たちが「遠山音頭」を披露した。

 龍峡小唄と同じ曲に違う歌詞と踊りが付いた「柚木(ゆぎ)小唄」を受け継ぐ東京都青梅市柚木町の「柚木小唄愛好会」(疋田勇会長)の15人も、踊りのルーツを訪ねた昨年に続いて参加した。

 疋田さんは「この地域は温かい方が多い。細い道ですれ違った子どもがあいさつをしてくれるし、地域の人と話してみると人間的に親しみを覚える。交流が両地域の発展につながれば」と話していた。

 天龍峡観光開発整備推進協議会の竹村公秀会長は「回を重ねる中で、存在を徐々に認識してもらえていると感じる。2団体の友情出演も参加者の増加につながっているのでは」と振り返った。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

シトラスリボンに賛同を

11月27日金曜日15:09

全町民対象に検査補助へ

11月27日金曜日15:00

適切な除雪で交通確保

11月26日木曜日16:50

働く先輩の声に夢膨らむ

11月26日木曜日16:08

12月13日に旗揚げ公演

11月25日水曜日15:14

開かれた場で議論「大切に」

11月25日水曜日15:30

新店舗の詳細検討へ協定

11月24日火曜日15:10

新野の雪祭り 21年は中止

11月24日火曜日15:46

地域を豊かにする地産地消を

11月23日月曜日13:21

研究活動への眼差し広め

11月23日月曜日13:08

先輩の体験談 職業身近に

11月21日土曜日13:55

木質エネルギーで農業振興

11月21日土曜日13:15

戸中・壬生沢工区着工へ

11月20日金曜日15:27

新たな体験価値を創出

11月20日金曜日15:13

議員定数検討の中間報告

11月19日木曜日15:33








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞