川本館で世界の人形劇ポスター展

文化・芸能

[ 2016年 7月 25日 月曜日 8時33分 ]

川本美でポスター展 NPO法人いいだ人形劇センターは9月6日まで、世界の人形劇のポスター展を飯田市本町の川本喜八郎人形美術館2階交流ゾーンで開いている。「人形劇の図書館」(滋賀県大津市)が所蔵する、1980―2000年代のヨーロッパを中心とした、人形劇関連のポスター約50点を展示している。

 

 人形劇の図書館所蔵のポスター展は今春に続いて開き、2回目。今回は8月2―7日に開催される「いいだ人形劇フェスタ」にあわせ、ドイツやフランス、イタリアのポスターを中心に並べた。

 

 会場には、フランスのシャルルヴィル・メジエールの国立人形劇学校が主催した第1回人形劇学校国際会議や、イタリア・イゼーオの人形劇フェスティバル、日本でもおなじみのアメリカの「マペット」の展覧会といった、人形劇に関するイベントや劇団の公演をPRするポスターが並ぶ。

 

 水彩絵の具で描いたような優しい色彩の詩情あふれるイラストをプリントしたり、指に糸を絡ませたマリオネットの両手をアップで捉えたもの、長年使用され独特の雰囲気を漂わせる人形の顔写真を並べたものなど、印象的なデザインのポスターが目立つ。

 

 人形劇の図書館館長で、「人形劇・トロッコ」としてフェスタに出演する潟見英明さんは「『演じる・観る』だけではない人形劇の楽しみ方、興味の持ち方として、こうしたポスターからも、人形劇への新たな視野と興味を広げていただければ」としている。

 

 午前9時半から午後6時半まで、水曜休館。人形劇フェスタ期間中は無休。交流ゾーンは入場無料。問い合わせは同館(電話0265・52・3594)へ。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        


南信州新聞公式アカウント
@minamishinshu







2018年元旦号企画
webで電子版「南信州」を購読

南信州オンラインブックストア
新刊情報



平成二十六年丙申歳 飯田お練りまつり
著:飯田お練りまつり奉賛会編
 出版社:南信州新聞社出版局

連載記事
南信州飯田観光ガイド2016秋・冬号