飯田時又で灯ろう流し 川面の明かりに故人思い

文化・芸能

[ 2016年 8月 17日 水曜日 15時52分 ]

時又灯ろう流し

 飯田時又灯ろう流しが16日、飯田市時又の天竜川であり、精霊供養の灯ろうがゆっくりと流される中、川岸から打ち上がる約2000発の花火が夜空を彩った。

 飯田市や商工団体などでつくる実行委員会が主催し、ことしで39回目。昭和初期に新盆供養として始まり、幻想的な灯ろう流しと豪華な打ち上げ花火を組み合わせた風物詩として人気を集めている。

 主会場の時又港には夕方までに多くの人が集まり、鈴岡太鼓の勇壮な演奏で行事が幕開け。町内を巡行した新盆の灯ろうが時又港に到着するのを待って、約400基の環境配慮型灯ろうが天竜川に流された。

 辺りが暗くなり始めると花火の打ち上げが始まり、音楽に合わせた大スターマイン、天竜川に架かるナイアガラ、時又ならではの金魚花火などが注目を集めた。

 会場アナウンスは昨年に続いて供養の側面を強く打ち出し、「先祖や故人を思いながら川面に浮かぶ灯ろうを眺めて」と呼び掛けたほか、他界して15年になる灯ろう流しの関係者をしのんだ。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

伝統の柚餅子継承へ

12月1日火曜日15:21

8万球が冬夜を彩る

12月1日火曜日15:41

創作神楽でコロナばらい

11月30日月曜日16:20

誇れる文化を毎年発信

11月30日月曜日16:09

県内駅の構造物明らかに

11月28日土曜日14:40

災害想定し避難所開設

11月28日土曜日14:10

シトラスリボンに賛同を

11月27日金曜日15:09

全町民対象に検査補助へ

11月27日金曜日15:00

適切な除雪で交通確保

11月26日木曜日16:50

働く先輩の声に夢膨らむ

11月26日木曜日16:08

12月13日に旗揚げ公演

11月25日水曜日15:14

開かれた場で議論「大切に」

11月25日水曜日15:30

新店舗の詳細検討へ協定

11月24日火曜日15:10

新野の雪祭り 21年は中止

11月24日火曜日15:46

地域を豊かにする地産地消を

11月23日月曜日13:21








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞