飯田時又で灯ろう流し 川面の明かりに故人思い

文化・芸能

[ 2016年 8月 17日 水曜日 15時52分 ]

時又灯ろう流し

 飯田時又灯ろう流しが16日、飯田市時又の天竜川であり、精霊供養の灯ろうがゆっくりと流される中、川岸から打ち上がる約2000発の花火が夜空を彩った。

 飯田市や商工団体などでつくる実行委員会が主催し、ことしで39回目。昭和初期に新盆供養として始まり、幻想的な灯ろう流しと豪華な打ち上げ花火を組み合わせた風物詩として人気を集めている。

 主会場の時又港には夕方までに多くの人が集まり、鈴岡太鼓の勇壮な演奏で行事が幕開け。町内を巡行した新盆の灯ろうが時又港に到着するのを待って、約400基の環境配慮型灯ろうが天竜川に流された。

 辺りが暗くなり始めると花火の打ち上げが始まり、音楽に合わせた大スターマイン、天竜川に架かるナイアガラ、時又ならではの金魚花火などが注目を集めた。

 会場アナウンスは昨年に続いて供養の側面を強く打ち出し、「先祖や故人を思いながら川面に浮かぶ灯ろうを眺めて」と呼び掛けたほか、他界して15年になる灯ろう流しの関係者をしのんだ。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        

最近の記事

松川町 コスタリカTシャツ作成 中学生が考案

7月18日水曜日15:20

近畿ウオーキング笑会、信濃比叡広拯院に500選達成旗を奉納

7月18日水曜日15:54

阿南町で化石発掘体験イベント

7月17日火曜日15:21

飯田の焼き肉を東京から発信 新宿にオープンした飯田屋好評

7月17日火曜日15:09

南信濃で37度記録 飯伊各地で連日の猛暑日

7月16日月曜日14:23

260年の節目を盛大に 川路で合同祇園まつり

7月16日月曜日14:46

人形劇のまち40年② 「人形劇は楽しさ感じる場」 ひとみ座の田川陽香さん

7月16日月曜日14:12

「善意の川」内外に発信 看板を新調 千代小の活動は来年50周年

7月14日土曜日14:41

豊かな自然と交流満喫 泰阜村であじさいウオーキング

7月14日土曜日14:27

新しい園芸品種に認定 森田さん申請の「思伊出桜」

7月13日金曜日15:57

今年は“中華”で鹿肉料理 下農生が高校生レストラン 29日

7月13日金曜日15:30

売木村 愛知大と連携協定 協働のまちづくり推進

7月12日木曜日15:58

県民協働へ発信力向上 県の若手職員が横断チーム発足

7月12日木曜日15:34

人形劇のまち40年① 地元に密着した祭典を フェスタ実行委員長の原田雅弘さん

7月11日水曜日16:37

売木村 村制70周年で記念式典 原風景残し発展誓う

7月11日水曜日15:52