市内4会場でプレフェスタ開催

文化・芸能

[ 2017年 7月 22日 土曜日 14時38分 ]

002fes

 8月1―6日に行われる「いいだ人形劇フェスタ2017」より一足先に舞台を楽しむ「プレフェスタ」が21、22の両日、飯田市内4会場で開かれた。21日は「糸あやつり人形劇団みのむし」(京都府)が松尾公民館で公演。巧みな糸操り人形劇でコミカルな舞台を繰り広げ、会場いっぱいの観客を楽しませた。

 開幕を目前に控えたフェスタのプレイベントとして、市公民館主事会とNPO法人いいだ人形劇センターが主催。プロや地元の劇団による公演を行ったほか、各会場で趣向を凝らした企画を用意した。

 松尾では、みのむしが2作品を上演。出遣いによる作品では、おじさんに操られていることを知らないピノキオが、空中で止まってみせたりダンスをしたりとさまざまな特技を鼻高々に披露し、会場の笑いを誘った。

 「太郎くんとまっすぐお婆さん」では、太郎くんに教えられた道に従って海の中や外国、動物の腹の中にも真っすぐ進んでいくお婆さんの姿に、観客が大笑い。

 会場の子どもたちが、人形に呼び掛けたり演者と掛け合う姿もあり、小さな舞台で繰り広げられる物語の世界に引き込まれていた。

 公演後には、みのむしのメンバーも参加して、フェスタのマスコットキャラクター「ぽぉ」グッズが当たるプレゼント抽選会を行った。

 22日は鼎と龍江、竜丘で公演。龍江では、三人遣い人形の体験会も開催した。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

「新しい学校生活」導入し

6月1日月曜日16:13

学生103人が事前登録

6月1日月曜日16:34

食を通して村を知る

5月30日土曜日13:12

自粛の市民活動再開へ

5月30日土曜日13:03

下條産リンゴ使ってます

5月29日金曜日15:46

伴野運動公園リニューアル

5月29日金曜日15:29

手摘みの茶で遠山郷PR

5月28日木曜日15:33

「中心市街は回復遅い」

5月28日木曜日15:31

車上検査の実演を公開

5月27日水曜日15:40

実付き良好 笑顔広がる

5月27日水曜日15:22

天龍中で待望の「泳ぎ初め」

5月26日火曜日15:50

地域の貴重な植物守ろう

5月26日火曜日15:42

小中学校が「一斉登校」再開

5月25日月曜日15:43

「外来・検査センター」開設

5月25日月曜日15:38

飯伊でもマスク需要変化

5月23日土曜日14:17








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞