市民ギャラリーでぽっぽあーと展

文化・芸能

[ 2016年 5月 19日 木曜日 9時15分 ]

 知的障がいのある人たちの書画を展示する「ぽっぽあーと展」が22日まで、飯田市追手町の市美術博物館市民ギャラリーで開かれている。「『書』ではなそう2016」と題し、素直な気持ちを表現した作品が来場者の心を和ませている。

 社会福祉法人信濃こぶし会が運営する知的障がい者生活介護施設「ユアサポートぽっぽ」(片桐秀人所長)=喬木村小川=の利用者のうち、19歳から80歳までの28人による作品展。創作活動の一環として行っている「墨遊び」の成果を発表するもので、7年前から展覧会を開いている。同会場では6回目。

 作品は制作日を設け、利用者がそれぞれのタイミングで取り組む。スタッフと1対1でゆっくり会話をしながら進め、楽しかったことやしたいこと、心の中で思っていることなどを70センチ四方の画仙紙に書いた。

 会場には書のほか、布コラージュや折り紙、牛乳パックをはがして作った「しあわせ金魚」も展示。スタッフの女性は「飾らない素直な気持ちで創作した。面白い作品が出来た」と話し、多くの来場を呼び掛けている。

 入場無料。開館は午前9時半から午後5時(最終日は同4時)まで。問い合わせは同館(電話0265・22・8118)へ。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        

最近の記事

猛暑の一騎打ち 阿部、金井候補が舌戦開始 知事選が告示

7月19日木曜日15:41

春草の「鎌倉時代闘牛の図」が市有形文化財に 学生時代に制作

7月19日木曜日15:14

松川町 コスタリカTシャツ作成 中学生が考案

7月18日水曜日15:20

近畿ウオーキング笑会、信濃比叡広拯院に500選達成旗を奉納

7月18日水曜日15:54

阿南町で化石発掘体験イベント

7月17日火曜日15:21

飯田の焼き肉を東京から発信 新宿にオープンした飯田屋好評

7月17日火曜日15:09

南信濃で37度記録 飯伊各地で連日の猛暑日

7月16日月曜日14:23

260年の節目を盛大に 川路で合同祇園まつり

7月16日月曜日14:46

人形劇のまち40年② 「人形劇は楽しさ感じる場」 ひとみ座の田川陽香さん

7月16日月曜日14:12

「善意の川」内外に発信 看板を新調 千代小の活動は来年50周年

7月14日土曜日14:41

豊かな自然と交流満喫 泰阜村であじさいウオーキング

7月14日土曜日14:27

新しい園芸品種に認定 森田さん申請の「思伊出桜」

7月13日金曜日15:57

今年は“中華”で鹿肉料理 下農生が高校生レストラン 29日

7月13日金曜日15:30

売木村 愛知大と連携協定 協働のまちづくり推進

7月12日木曜日15:58

県民協働へ発信力向上 県の若手職員が横断チーム発足

7月12日木曜日15:34