市民ギャラリーで伊那谷五十人展

文化・芸能

[ 2012年 5月 31日 木曜日 9時53分 ]

 アマチュア写真家が作品を発表する「伊那谷五十人展」(柴田房夫実行委員長)が3日まで、飯田市追手町の市美術博物館内市民ギャラリーで開かれている。68人が捉えた地元・伊那谷を、一点ずつ飾っている。

 所属団体の枠を超えて多くの人が発表する機会を設けよう―と始まり、22回目。飯田下伊那に暮らすアマチュアが参加し、伊那谷の季節ごとの風景や祭りなどの行事、地域の人々、植物など、さまざまな題材をそれぞれの感性で表現している。

 虹の掛かる不動滝や、川岸を彩る紅葉。化粧を施された祭りの子ども。上郷飯沼神社の春、石段には満開の桜。その下を駆け上がっていく子ども達の背中。

 水面をびっしりと覆う桜の花びらが、水流で模様を描く光景。熟した実が鈴なりに実っている柿の木の背景には、伊那谷の雄大な山並み。ことし開基900年を迎えた高森町の瑠璃寺や、金環日食、ツアー・オブ・ジャパンなどを捉えたものもあり、68人それぞれの目を通した伊那谷の風景を楽しめる。

 柴田実行委員長は「伊那谷は全国の写真家から注目を浴びている景勝地で、原風景。作品を通して伊那谷の温かさ、懐かしさを感じてもらえれば」としていた。

 午前9時半から午後5時(最終日は同4時)まで。入場無料。会場でも、次回展の出品者を受け付けている。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        

最近の記事

阿南町で化石発掘体験イベント

7月17日火曜日15:21

飯田の焼き肉を東京から発信 新宿にオープンした飯田屋好評

7月17日火曜日15:09

南信濃で37度記録 飯伊各地で連日の猛暑日

7月16日月曜日14:23

260年の節目を盛大に 川路で合同祇園まつり

7月16日月曜日14:46

人形劇のまち40年② 「人形劇は楽しさ感じる場」 ひとみ座の田川陽香さん

7月16日月曜日14:12

「善意の川」内外に発信 看板を新調 千代小の活動は来年50周年

7月14日土曜日14:41

豊かな自然と交流満喫 泰阜村であじさいウオーキング

7月14日土曜日14:27

新しい園芸品種に認定 森田さん申請の「思伊出桜」

7月13日金曜日15:57

今年は“中華”で鹿肉料理 下農生が高校生レストラン 29日

7月13日金曜日15:30

売木村 愛知大と連携協定 協働のまちづくり推進

7月12日木曜日15:58

県民協働へ発信力向上 県の若手職員が横断チーム発足

7月12日木曜日15:34

人形劇のまち40年① 地元に密着した祭典を フェスタ実行委員長の原田雅弘さん

7月11日水曜日16:37

売木村 村制70周年で記念式典 原風景残し発展誓う

7月11日水曜日15:52

収穫、出荷が本格化 天龍村のていざなす

7月11日水曜日15:26

100回目の夏が幕開け 飯伊球児も堂々と行進 高校野球長野大会

7月10日火曜日15:24