市民吹奏楽団が多彩な曲で観客を魅了

文化・芸能

[ 2014年 6月 25日 水曜日 12時21分 ]

 飯田市民吹奏楽団(小林憲司団長)の第33回定期演奏会が22日、同市高羽町の飯田文化会館であった。団員ら約50人が2部構成のステージで練習の成果を披露した。

 プログラムは、コンサートマーチ「青葉の街で」や人気グループのヒット曲「恋するフォーチュンクッキー」、映画「アナと雪の女王」の挿入歌など多彩。 アニメ主題歌のメドレーもあり、幅広い観客層を楽しませた。

 素朴さと、どこか懐かしい旋律を編み上げたという「ウエールズの歌組曲」は重厚な調べで表現。来場者の拍手を誘った。

 同団は1982年、飯田下伊那の市民有志により結成。「音楽による地域の方々との交流」を目標に、地域の吹奏楽団として演奏会やイベント出演などを続ける。

 7年前から千葉県から駆け付け団の指導に当たり、この日客演指揮をした高山幸久さんは、飯田の魅力に触れた上で「吹奏楽が好きな人はぜひ入団してほしい」と呼び掛けた。

  

関連の注目記事

powered by weblio