市美術博物館で「長姫高優勝60周年記念展」

文化・芸能

[ 2014年 4月 3日 木曜日 13時12分 ]

 飯田市美術博物館は5月6日まで、旧飯田長姫高校の選抜高校野球大会全国優勝60周年を記念する写真展を、追手町の同館ロビーで開いている。優勝を果たした試合の様子や、凱旋時の飯田の町の熱気を伝える写真など約50点をパネルで展示している。

 同校が1954(昭和29)年春、第7回大会で全国優勝し、ことしで60年を迎えた。同館は当時の同校跡地に立つことから、記念展を企画。月刊郷土雑誌『伊那』の4月号で特集号を組んだ伊那史学会(原田望主幹)の支援を受け、同会から提供された写真を中心に並べた。

 会場には、飯田駅前で開かれた壮行会から甲子園での試合、優勝した選手たちを歓迎する町の様子を捉えた写真を展示した。

 「恥ずかしくない負け方をしてこい」と激励されて送り出された選手たちが、優勝候補の浪華商業、高知商業、熊本工業を破り、決勝戦で小倉を下して優勝を果たした姿。

 凱旋の際、市民の人口を上回る10万人が飯田駅前に詰め掛け、市公民館で開かれた歓迎式典や選手たちの優勝パレードを見守る様子などを伝えている。

 同館では「この快挙は、47(同22)年の飯田大火から立ち直ろうとする市民を勇気づけ、飯田の名を全国に知らしめた一大事件だった。この展示を通して、過去の歴史を振り返る契機になれば」としている。

 開館は午前9時半から午後5時まで、観覧無料。

 同展付属事業として4月6日午後1時半から、フォーラム「飯田長姫高校選抜野球大会全国優勝を語る」を同館講堂で行う。原田主幹と出場選手だった久保田卓男さんを迎え、当時の写真や資料をひも解きながら、優勝秘話や今日からみた意義などを語る。聴講無料。問い合わせは同館(電話0265・228118)へ。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

伊那山地「戸中」今夏着工へ

2月27日木曜日15:07

飯田市がコロナウイルス対策本部設置

2月27日木曜日15:13

新型肺炎影響受け「また交流しようね」

2月26日水曜日15:29

県がコロナウイルスで基本方針策定

2月26日水曜日15:23

先輩移住者との交流も

2月25日火曜日15:39

牧野氏が市長選に立候補の意向表明

2月25日火曜日15:33

愛称は「渋谷りんごパーク」

2月24日月曜日14:16

3日間の窯たきまっとう

2月24日月曜日14:34

好例を課題解決の糸口に

2月22日土曜日14:50

「2020」本達成に笑顔咲く

2月22日土曜日14:49

拳銃置き忘れる

2月21日金曜日15:01

「今年も来てね!」と願い込め

2月21日金曜日15:06

「伝える」「伝わる」喜び体感

2月20日木曜日15:30

「天龍峡大橋」パズルに

2月20日木曜日15:54

農泊事業に新たな風を

2月19日水曜日15:12








記事の検索はこちらから














スポンサーリンク


南信州電子版購読

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞