飯田から“元気”発信、復興願うイベント市街各地で

文化・芸能

[ 2011年 4月 5日 火曜日 15時04分 ]

 大震災を受け、各地の祭りやイベントが自粛傾向にあるなか、3日は飯田市街地で「桜」をテーマにしたイベントが多数開催された。桜の開花こそ遅れたものの、親子連れなどでにぎわい、各会場に置かれた義援金箱には多くの善意が集まった。

 東日本大震災や長野県北部地震の発生を受け、各主催者は開催するか否かを協議。「元気を出していこう」と、いずれの催しも被災地への思いを胸に実施を決めた。

 桜の開花は遅れたものの、出足は上々。りんご並木歩行者天国では花や農産物販売、音楽ライブが行われたほか、前日から開いている「南信州飯田桜そば食彩まつり」に足を運ぶ来場者は多かった。

 大宮通り桜祭りも恒例の写生大会をはじめ、地元高校生吹奏楽部による演奏や子どもたちの踊り、パフォーマンスが会場を盛り上げた。うち高森町を拠点に活動する太鼓グループ「心鼓毬・彩」は子ども、大人合わせて計6曲を披露。大宮通り桜保存会からの謝礼金を全額、義援金として寄付した。実行委員会の武田年史会長は「開催中止も検討したが、飯田から被災地復旧を願う熱い思いを届けよう」と呼び掛け、来場した牧野光朗飯田市長も「地域の元気を日本の元気につなげていってもらいたい」と話した。

 橋北地区内に点在する樹齢400年以上の古桜を見て回る「さくら・橋北祭」では、計10箇所の桜をめぐるスタンプラリーを実施。正永寺では江戸町の主婦らでつくる美矢古会のメンバーらがパンを販売して、売り上げの一部を義援金に充てた。今年度会計を務める大澤秀子さんは「こんな時だからこそ、人との会話を大切にしたい」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

観光やスポーツで活性化

9月29日火曜日15:30

高校生目線で直接質問

9月29日火曜日15:01

飯田線が全線再開

9月28日月曜日14:31

90トンの鋼桁を設置

9月28日月曜日14:18

移住定住推進委が初会合

9月26日土曜日14:49

アサギマダラ 今年も飛来

9月26日土曜日14:10

果物のフードロス解消へ

9月25日金曜日15:29

秋にも花を楽しんで

9月25日金曜日15:27

予定の現新2派が出席

9月24日木曜日15:21

赤い花びっしりと

9月24日木曜日15:17

コロナ禍での結束誓う

9月23日水曜日15:48

7カ月ぶりにアマの舞台

9月23日水曜日14:53

「実りゆく」を見に行こう

9月21日月曜日13:59

森林で伐採の見学も

9月21日月曜日13:00

10月から抗原検査開始

9月19日土曜日13:28








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞