平昌に響いた日本の調べ 飯田高邦楽班、市長らにパラ文化公演報告

文化・芸能

[ 2018年 3月 20日 火曜日 15時58分 ]

パラリンピック文化公演に出演した飯田高邦楽班

 飯田高校邦楽班(川上虹歩班長、班員18人)は9、10日、韓国の平昌(ピョンチャン)冬季パラリンピック競技大会の文化公演に、県文化公演団として派遣された。19日に市役所を表敬訪問し、牧野光朗市長と代田昭久教育長に公演について報告した。

 文化公演は、オリンピック憲章で定められている開催都市による文化プログラムの一環。平昌のある江原道(カンウォンド)と交流する6カ国14自治体が文化公演団を派遣し、オリンピック・パラリンピック期間に公演を行った。オリンピックには、県から駒ケ根市の琴伝流大正琴が派遣された。

 同班は2000年から、全国高等学校総合文化祭日本音楽部門に出場し、10年度に文化庁長官賞、13年度に最高賞の文部科学大臣賞に選ばれるなど受賞を重ねていることから、派遣が決定。

 安曇野の風景を題材にした唱歌「早春賦」や、韓国の民謡「アリラン」など4曲を取り上げ、江原道の江陵(カンヌン)アートセンターで2日間に計2回公演した。観客は地元・江陵の住民がほとんどで、ガイドから指導を受けて韓国語であいさつしたという。

 この日、同班は教職員や指導者と市役所を訪れ、現地の様子を捉えた写真を見せながら公演について報告した。

 同班を指導する、生田流宮城派大師範の大平睦さんは「全員元気で、はつらつとしたいい演奏ができ、日本の伝統の琴を聞いていただくことができた。モンゴルの楽団の楽器を聞かせてもらったりして、一生の思い出になったのでは」と語った。

 川上班長(17)は「初めての海外公演で不安だったが、温かい拍手をいただいて、練習の成果を発揮できたと思う。ニュースでいろんな報道がされているけれど、しっかり聞いてくださった。いろんな国の人たちと会い、見聞を広めることができた」と振り返った。

 現地では、モンゴル古楽器の楽団と交流して演奏を聞かせてもらったり、同班の演奏曲の調弦などを指導。練習の合間に楽屋を訪れたアイスホッケーの熊谷昌治選手(高森町)から、激励を受けたことも紹介した。

 牧野市長は「それぞれの立場で海外に日本の伝統を発信してくださり感謝。なかなかないチャンスを生かして演奏し、韓国の人たちに伝えることができたのは素晴らしい」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

栄養士会が野菜キャンペーン

8月18日土曜日14:54

南信州広域連合が定例会議開く

8月18日土曜日14:57

戦後73年・伝える記憶3 満蒙開拓を歴史たどる 信州総文祭の高校生

8月17日金曜日18:26

戦後73年・伝える記憶2 「悲劇伝えるきっかけに」 水曲柳会が慰霊碑移転

8月17日金曜日17:09

戦後73年・伝える記憶1 「市民の力で支えたい」 満蒙記念館ボラ木村さん

8月17日金曜日17:37

泰阜村 横前村長が初登庁 風通しのいい行政へ決意

8月17日金曜日15:50

故人供養する花火も 時又で第41回灯ろう流し

8月17日金曜日15:08

お盆に大人の第一歩を 下伊那7会場で成人式

8月15日水曜日13:39

阿南町「新野の盆踊り」幕開け 3夜連続踊り明かす

8月15日水曜日13:19

りんご並木周辺で歩行者天国イベント

8月14日火曜日13:01

阿南町で和合の念仏踊り始まる

8月14日火曜日13:03

飯田で国際会議が開幕 人形劇のAVIAMA総会 アジアで初開催

8月11日土曜日14:00

泰阜村 松島村政6期24年に幕 拍手に包まれ笑顔で退任 

8月11日土曜日14:49

総文祭 飯田女子高で人形劇部門開催 人形で巧みに心情表現

8月10日金曜日16:14

「シャルルヴィル・メジェール通り」命名式 飯田市が友好都市30周年記念し

8月10日金曜日15:30