平谷村一帯で大鍬様祭り開く

文化・芸能

[ 2017年 4月 21日 金曜日 15時33分 ]

003hiraya

 平谷村に江戸時代の1742(寛保2)年から続くとされる豊作祈願の「大鍬様祭り」は17日、村内一帯で行われた。この祭りでは、8地区がみこしをでリレー形式で担ぐ。

 普段は諏訪神社境内に祭られている大鍬様(豊受大神)の御神体・幣束を、スギの葉や造花で飾ったみこしにのせて巡行。8地区ごとにリレー形式で、笛や太鼓の囃子に合わせて「ヤート、ヤート」と掛け声を上げながら練り歩いた。

 各集会所ではみこしが到着すると、床の間にみこしを据えて拝んでから、直会の宴を開いた。代表が幣束と5円玉を入れた茶わんを振って「にわとりの舞」を。そして、みこしを先頭に参加者全員が行列をつくって、次の地区へリレーした。

 平谷小6年生6人と担任教諭は「平谷盛り上げ隊」として、そろいの法被姿で横笛を吹き、全村内を巡行。祭りの盛り上げに一役果たした。

 各地域の祭りでは土曜日曜に変更する事例があるが、平谷では長年にわたり固定開催を続けている。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        


南信州新聞公式アカウント
@minamishinshu







2018年元旦号企画
webで電子版「南信州」を購読

南信州オンラインブックストア
新刊情報



平成二十六年丙申歳 飯田お練りまつり
著:飯田お練りまつり奉賛会編
 出版社:南信州新聞社出版局

連載記事
南信州飯田観光ガイド2016秋・冬号