平谷村一帯で大鍬様祭り開く

文化・芸能

[ 2017年 4月 21日 金曜日 15時33分 ]

003hiraya

 平谷村に江戸時代の1742(寛保2)年から続くとされる豊作祈願の「大鍬様祭り」は17日、村内一帯で行われた。この祭りでは、8地区がみこしをでリレー形式で担ぐ。

 普段は諏訪神社境内に祭られている大鍬様(豊受大神)の御神体・幣束を、スギの葉や造花で飾ったみこしにのせて巡行。8地区ごとにリレー形式で、笛や太鼓の囃子に合わせて「ヤート、ヤート」と掛け声を上げながら練り歩いた。

 各集会所ではみこしが到着すると、床の間にみこしを据えて拝んでから、直会の宴を開いた。代表が幣束と5円玉を入れた茶わんを振って「にわとりの舞」を。そして、みこしを先頭に参加者全員が行列をつくって、次の地区へリレーした。

 平谷小6年生6人と担任教諭は「平谷盛り上げ隊」として、そろいの法被姿で横笛を吹き、全村内を巡行。祭りの盛り上げに一役果たした。

 各地域の祭りでは土曜日曜に変更する事例があるが、平谷では長年にわたり固定開催を続けている。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

10月から抗原検査開始

9月19日土曜日13:28

コロナ禍でも元気な姿

9月19日土曜日13:52

昼神の宿泊状況「回復傾向」

9月18日金曜日16:48

規模縮小し地域つなぐ

9月18日金曜日16:56

マニフェスト読み比べ

9月17日木曜日15:43

地元の映画を盛り上げよう

9月17日木曜日15:53

かごいっぱいの栗に笑顔

9月16日水曜日15:36

「シャイン」狩り開始へ

9月16日水曜日15:26

店の前での飲食可能に

9月15日火曜日15:06

「贈り物」が山麓彩る

9月15日火曜日15:34

エールの街で老舗探訪/ロケ地訪問も/ヤマサちくわが飯伊在住者を特別優待

9月13日日曜日16:33

都内の高校と連携協定へ

9月12日土曜日13:33

繭づくり目指し大切に

9月12日土曜日13:58

安心して果物狩りを

9月11日金曜日15:52

拡大備えて検査体制充実

9月11日金曜日15:25








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞