座光寺の歌舞伎舞台でコンサート開く

文化・芸能

[ 2019年 11月 20日 水曜日 15時06分 ]

 飯田市座光寺の旧座光寺麻績学校校舎1階の歌舞伎舞台で17日、名古屋フィルハーモニー交響楽団(名フィル)の弦楽奏者4人による演奏会があった。約100人が詰め掛け、趣が残る歌舞伎舞台で弦楽器の調べを楽しんだ。

 80人ほどでつくる麻績の里振興委員会(筒井誠逸委員長)が企画。市内を会場に毎年夏に行われる「オーケストラと友に音楽祭(オケ友)」などを通じて縁のある名フィルを迎えた。

 4人はバイオリンの米田誠一さんと豊永歩さん、ビオラの叶澤尚子さん、チェロの佐藤有沙さん。「名フィルカルテット コンサートin麻績の里」と題してクラシックを中心に演奏し、大きな拍手を受けた。

 まちづくりに貢献する座光寺小児童への「お礼」として、麻績の里振興委はコンサートを前に、児童を対象にした演奏会を座光寺小体育館で開いた。

 麻績校舎は1873(明治6)年、歌舞伎舞台と学校を兼用する形で建てられた。記録によると、1984(昭和59)年までの111年間にわたって学校として活用された。舞台は農村歌舞伎舞台としては県内最大規模とされる。

◎写真説明:歌舞伎舞台で開かれた演奏会

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

移住定住推進委が初会合

9月26日土曜日14:49

アサギマダラ 今年も飛来

9月26日土曜日14:10

果物のフードロス解消へ

9月25日金曜日15:29

秋にも花を楽しんで

9月25日金曜日15:27

予定の現新2派が出席

9月24日木曜日15:21

赤い花びっしりと

9月24日木曜日15:17

コロナ禍での結束誓う

9月23日水曜日15:48

7カ月ぶりにアマの舞台

9月23日水曜日14:53

「実りゆく」を見に行こう

9月21日月曜日13:59

森林で伐採の見学も

9月21日月曜日13:00

10月から抗原検査開始

9月19日土曜日13:28

コロナ禍でも元気な姿

9月19日土曜日13:52

昼神の宿泊状況「回復傾向」

9月18日金曜日16:48

規模縮小し地域つなぐ

9月18日金曜日16:56

マニフェスト読み比べ

9月17日木曜日15:43








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞