御柱祭へマツ切り出し、松川町の神護原神社の氏子ら

文化・芸能

[ 2010年 2月 22日 月曜日 14時35分 ]

 松川町名子の神護原神社の氏子衆約80人は20日、7年ごとに行う4月4日の御柱祭に向け、御柱用のマツの木2本を上大島の町有林から切り出した。

 昨年12月の本見立て祭で、町有林からそれぞれ「一の柱」「二の柱」として選んだ。2本はいずれも直径80センチ、胴回りは2メートルを超える大木。樹齢はおよそ100年という。

 この日の早朝、名子地区公民館で出発式を行い、車で30分ほど離れた現地へ向かい安全を祈願した後、氏子たちは木遣り歌を響かせ、工具を使って巨木を慎重に切り倒した。

 2本の木を山から運び出し名子原地籍に安置、当日に備えた。

 氏子総代長の熊崎良七さん(65)は「戦後の昭和25年から数え11回目。伝統文化を受け継ぎ残していることにうれしく思う。氏子が心を一つにして祭りを盛り上げていきたい」と話した。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

10月から抗原検査開始

9月19日土曜日13:28

コロナ禍でも元気な姿

9月19日土曜日13:52

昼神の宿泊状況「回復傾向」

9月18日金曜日16:48

規模縮小し地域つなぐ

9月18日金曜日16:56

マニフェスト読み比べ

9月17日木曜日15:43

地元の映画を盛り上げよう

9月17日木曜日15:53

かごいっぱいの栗に笑顔

9月16日水曜日15:36

「シャイン」狩り開始へ

9月16日水曜日15:26

店の前での飲食可能に

9月15日火曜日15:06

「贈り物」が山麓彩る

9月15日火曜日15:34

エールの街で老舗探訪/ロケ地訪問も/ヤマサちくわが飯伊在住者を特別優待

9月13日日曜日16:33

都内の高校と連携協定へ

9月12日土曜日13:33

繭づくり目指し大切に

9月12日土曜日13:58

安心して果物狩りを

9月11日金曜日15:52

拡大備えて検査体制充実

9月11日金曜日15:25








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞