故人供養する花火も 時又で第41回灯ろう流し

文化・芸能

[ 2018年 8月 17日 金曜日 15時08分 ]

川面を照らす灯篭と花火

 飯田時又灯ろう流しが16日、飯田市時又の天竜川で行われた。約3万人(主催者発表)が集まり、家族や先祖を供養する灯篭流しと約2000発の花火に見入った。

 昭和初期に新盆供養の行事として始まり、市や商工団体でつくる実行委員会の主催行事として発展し、今年で41回目。雨の影響が心配されたが、JR時又駅や会場の時又港は多くの人でにぎわった。

 今年は故人を追悼する花火が例年より多く、母親や仲間、地域に貢献した篤志家をしのぶ花火が夜空を彩った。

 今年1月に92歳で亡くなった木下長志さんを追悼する尺玉は、竜丘地域自治会役員有志の提供。中央で活躍を続けながらふるさとに貢献し、晩年は竜丘で過ごした故人にちなみ、唱歌の「故郷(ふるさと)」に合わせて打ち上げた。

 連携して地域づくりを進めていこうと、龍江と川路、竜丘の3地区合同によるスターマインも初の試みとして打ち、ご当地ソングの龍峡小唄をBGMに使った。

 予想された夕方の雨は降らなかったため、鈴岡太鼓は予定通り演奏。長野原竹宵の会による竹灯篭も時又港に飾られ、注目を集めた。

 交通規制が解除されると強い雨が降り出し、関係者は「人の引けが早かったので影響がなくてよかった」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

コロナ禍で修学旅行増

10月24日土曜日13:16

5カ国の醸造所とコラボ

10月24日土曜日13:42

間伐材利用で「布」作り

10月23日金曜日15:48

歴史や文化学び絆つくる

10月23日金曜日15:59

安全安心な観光アピール

10月22日木曜日15:31

3年上田さんが県大会優勝

10月22日木曜日15:21

「災害時にどう手助けする」

10月21日水曜日15:43

永嶺氏が無投票で再選

10月21日水曜日15:45

「対話と現場主義貫く」

10月20日火曜日15:17

デザイン一新、乗り心地を向上

10月20日火曜日15:23

飯田市長に新人佐藤氏

10月19日月曜日1:59

「16年の支えに感謝」

10月19日月曜日0:39

「これからが本当の戦い」

10月19日月曜日0:28

竹林整備へ破砕機導入

10月17日土曜日14:58

労働力確保へ作業講習会

10月17日土曜日14:07








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞