新しい種まき悪から守る

文化・芸能

[ 2020年 4月 10日 金曜日 15時42分 ]

 舞台芸能師の加藤木朗さんとともに舞台で活動している仲間5人が4日、阿智村昼神温泉の旅館を巡り、厄払いの舞を演じた。

 新型コロナウイルス感染拡大で、昼神温泉にも影響が出ている中、加藤木さんらは「何か自分でもできることを」と考え、獅子舞など3つの舞をアレンジした厄除けの舞を考案。同温泉にある旅館など19施設を訪問した。

 加藤木さんと女性4人が演じ、5人は5分ほどの舞を各旅館の玄関前で披露した。3部で構成され、まず加藤木さんが扇子を使った「火伏せ舞」でその場を清めた。

 次に艶やかな着物に身を包んだ女性2人が「鶏舞」を披露。新しい種をまいて明るい未来が来るようにとの意味を込めている。太鼓に合わせ扇子を振りかざしたり、大きく足踏みをしたりして躍動的な踊りを演じ、最後は2人が手を組みながらぐるぐると回った。

 最後は獅子舞が登場。「権現舞」と呼ばれる舞で、清め種をまいた場所に悪いものが入ってこないようにとの願いを込めた。女性2人が演じ、笛の音が響く中、歯を鳴らしながら軽やかに舞った。

 舞を演じている間、各旅館では従業員や宿泊者が見学。優雅な舞に見入り、終わると拍手をしていた。

 加藤木さん(52)は「喜んでくださる方もいてありがたかった。この舞で温泉の皆さんが少しでも明るい気持ちになればうれしい」と話した。

◎写真説明:鶏舞を披露する加藤木さんとメンバーら(昼神温泉で)

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

食を通して村を知る

5月30日土曜日13:12

自粛の市民活動再開へ

5月30日土曜日13:03

下條産リンゴ使ってます

5月29日金曜日15:46

伴野運動公園リニューアル

5月29日金曜日15:29

手摘みの茶で遠山郷PR

5月28日木曜日15:33

「中心市街は回復遅い」

5月28日木曜日15:31

車上検査の実演を公開

5月27日水曜日15:40

実付き良好 笑顔広がる

5月27日水曜日15:22

天龍中で待望の「泳ぎ初め」

5月26日火曜日15:50

地域の貴重な植物守ろう

5月26日火曜日15:42

小中学校が「一斉登校」再開

5月25日月曜日15:43

「外来・検査センター」開設

5月25日月曜日15:38

飯伊でもマスク需要変化

5月23日土曜日14:17

平谷シニアも作業

5月23日土曜日13:55

音楽文化どう守るか

5月22日金曜日15:50








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞