新野の雪祭りフラッシュ撮影禁止へ

文化・芸能

[ 2017年 12月 14日 木曜日 15時49分 ]

001nino

 「味わい深い、本物の良さを体感してほしい」。南信州阿南町新野雪祭等資産化事業実行委員会(実行委員長・勝野一成阿南町長)と南信州広域連合は、来年1月14、15日に開く国重要無形民俗文化財「新野の雪祭り」の本殿神事でのフラッシュ撮影を禁止することを決めた。電灯色のLED照明を新たに常設して最低限の明るさを確保し、協力と理解を呼び掛ける。

 第4次広域計画(基本構想・基本計画」の民俗芸能保存継承プロジェクトの一環で、一昨年から2年間にわたり同祭りの記録保存のための撮影を行った同実行委員会。撮影のため一般客のフラッシュ撮影は禁止にしたところ、混乱なく撮影は完了した。

 撮影の指揮を執った飯田市美術博物館の桜井弘人学芸員(58)は「火の明かりが面(おもて)や衣装に照り映える、昔ながらの環境に戻し、本物の味わい深い祭りを見て感動してもらいたい」と提案。同祭り保存会や神社側が桜井さんの思いを受け止めた。

 LEDは100~200ワットの明るさで、拝殿の向拝(ごはい)に2灯、保存伝承施設に1灯、境内に3灯の計6灯を設置。13日に拝殿で霜月祭りの湯立て神楽が執り行われる中、実行委員らが照らす方向などを微調整した。

 桜井さんは「舞手の直前にまで迫ったフラッシュ撮影などマナー違反も目に付いた」と指摘。「全国に誇る祭りで本物の雰囲気を味わってもらいたい」と願う。

 禁止については神社内外に看板を設置するほか、同町公式ホームページでも告知する。祭り保存会長の勝野喜代始さん(64)は「見せる祭りとしてでなく、我々の祭りとして取り組む中で、何とか継続していきたいという思い。理解を得る中で風情を楽しんでもらえれば」と話している。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

西下トンネルが開通 松川インター大鹿線 リニア関連で新設、完成祝う

12月15日土曜日15:31

ウィルタネン彗星最接近 昴と競演 

12月15日土曜日15:42

年賀状の投かん始まる 園児は大好きな動物宛てに

12月15日土曜日15:41

先進事例に自社を見つめる ネスク―イイダが新製品・新事業の報告会

12月14日金曜日15:29

源助かぶ菜の漬物販売 生産復活させた大根も提供 泰阜村

12月14日金曜日15:25

仮橋完成で通行止め解除へ 天龍―豊根の県道 土砂崩落から2年ぶり

12月13日木曜日15:10

下農生 伝統のおせち料理に挑戦 7品を調理し重箱へ

12月13日木曜日15:57

南海トラフ地震 3ケースで防災対応 M8で沿岸は連動警戒避難

12月12日水曜日15:04

ノロウイルスが原因 保育園の集団欠席 飯田市

12月12日水曜日15:00

中央道飯田山本―園原間でチェーン義務化 大雪時

12月11日火曜日16:04

星降る夜空と空間演出 冬のナイトツアー始まる 阿智村

12月11日火曜日15:14

20カ国の文化や食通じて 飯田国際交流の夕べ

12月11日火曜日15:37

特産品をギュッと箱詰め 「あなん便冬期」出荷始まる

12月8日土曜日14:09

時計塔の「ぽぉ」が変身 飯田市街地でクリスマス企画 

12月8日土曜日14:16

けん引式車椅子を体験 阿智高地域政策コース ユニバーサルツーリズム

12月8日土曜日14:19