新野の霜月祭り 釜を囲んで舞奉納

文化・芸能

[ 2011年 12月 16日 金曜日 15時52分 ]

 阿南町新野の諏訪神社(金田伸由宮司、田村清七氏子総代長)で14日、霜月祭りが行われた。集まった世話人や氏子当番衆は、グツグツと煮えたぎる鉄の釜を囲んでの神楽舞の奉納を見守った。13日には伊豆神社でも同様の霜月祭りが行われた。

 新野の霜月祭りは、江戸時代から300年以上続く伝統行事。当初は禰宜(ねぎ)らにより各家庭などで行われたが、諏訪神社で最初に神社での行事となり、続いて伊豆神社でも昭和天皇の御大典から当番衆を中心に神社で行う行事となったという。

 拝殿内での厳かな神事に引き続き、お宣明(せんみょう)という神下ろしの儀式で太鼓を打ち鳴らし歌を唱えた後、煮えたぎった釜を囲んで「金山の舞」と「ゆたぶさの舞」の2つの神楽舞が奉納された。

 このうち、金山の舞では刀と鈴を両手に持ち、釜を囲んだ4人が飛び跳ねたり回転したりと激しく舞った。また、ゆたぶさの舞では笹の束を湯の中に入れ四方にまいて清めた。最後に釜の湯を集まった人々で飲んだ。神事で利用した湯を飲むと病気にならなくなると伝えられている。

 金山の舞などは春の金毘羅様、秋の秋葉様の祭りなどでも奉納される。土日や祝日に開催される場合には高校生や若者も舞い手に加わり、着実に若い世代に受け継がれている。

 田村総代長は「新野には雪祭りと盆踊りを筆頭に数多くの祭りがあるが、祭り好きな方が集まって途中で途切れることなく伝承が続いている。小中学生、高校生も祭りへ積極的に参加してくれ、地域の絆を深めている」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

昼神の宿泊状況「回復傾向」

9月18日金曜日16:48

規模縮小し地域つなぐ

9月18日金曜日16:56

マニフェスト読み比べ

9月17日木曜日15:43

地元の映画を盛り上げよう

9月17日木曜日15:53

かごいっぱいの栗に笑顔

9月16日水曜日15:36

「シャイン」狩り開始へ

9月16日水曜日15:26

店の前での飲食可能に

9月15日火曜日15:06

「贈り物」が山麓彩る

9月15日火曜日15:34

エールの街で老舗探訪/ロケ地訪問も/ヤマサちくわが飯伊在住者を特別優待

9月13日日曜日16:33

都内の高校と連携協定へ

9月12日土曜日13:33

繭づくり目指し大切に

9月12日土曜日13:58

安心して果物狩りを

9月11日金曜日15:52

拡大備えて検査体制充実

9月11日金曜日15:25

町の子どもどう育てるか

9月10日木曜日15:08

「実りゆく」をお得に見よう

9月10日木曜日15:00








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞