新野出身の音楽科OBらがコンサート

文化・芸能

[ 2012年 12月 25日 火曜日 9時23分 ]

 阿南町のクリスマスコンサートが23日、町内2会場で開かれた。同町新野出身で小諸高校音楽科の在校生と卒業生がソプラノの歌声やピアノ、チェロの演奏を繰り広げ、訪れた聴衆を魅了した。

 コンサートは午前中に阿南文化会館、午後は新野小学校で開催。新野出身で同校卒業生ら4人が出演。

 2部構成で行われ、第1部には各出演者が歌や演奏を発表。ジェルダーニ作曲の「いとしい女(ひと)よ」やカッチーニ作曲の「アマリッリ」など美しい歌声が響き渡った。

 続いてチェロで組曲「動物の謝肉祭」から白鳥などを演奏、シュトラウス作曲の「高鳴る胸」などを歌い、最後にチャイコフスキーの組曲「くるみ割り人形」を演奏した。

 第2部ではワークショップステージを開催。馴染みのクリスマスソングやビリーブ、ふるさとといった曲で音楽を体験。訪れた人々は地元出身による本格的な音楽のステージに酔いしれていた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)