早稲田の人形芝居、中学生や保存会が公演

文化・芸能

[ 2013年 8月 28日 水曜日 16時18分 ]

 阿南町の早稲田の人形芝居が25日、早稲田神社境内で行われた。地域住民やカメラマンらが訪れ、雨が降る中で、早稲田人形保存会(伊藤安永会長)や地元の阿南第一中学生による人形浄瑠璃の公演を見守った。

 早稲田人形芝居は、江戸時代の元禄年間から大正時代にかけて最盛期を迎えた芸能で、国選択無形民俗文化財に指定されている。はじめに神事として、神社の拝殿で「三番叟」を奉納。白装束に身を包んだ人形遣いが演じ、無病息災と五穀豊穣を願った。

 続いて隣接する人形の館で公演が行われ、昨年に続いて阿南第一中の生徒が「三番叟」を演じた。保存会から指導を受けた成果を力いっぱい発表すると、観客から盛んに拍手が送られた。

 次に保存会が「鎌倉三代記 三浦別れの段」を上演。戦場で負傷し、病気の母・長門のもとへ訪れた三浦之助は、許嫁で敵・時政の娘である時姫に、実父を討つよう命じる。ためらいながらも婚約者のために意を決した時姫は時政のいる陣所へ向かい、三浦之助は戦場へ戻っていく。それぞれの決意を込めた場面を、情感豊かに演じていた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

10月から抗原検査開始

9月19日土曜日13:28

コロナ禍でも元気な姿

9月19日土曜日13:52

昼神の宿泊状況「回復傾向」

9月18日金曜日16:48

規模縮小し地域つなぐ

9月18日金曜日16:56

マニフェスト読み比べ

9月17日木曜日15:43

地元の映画を盛り上げよう

9月17日木曜日15:53

かごいっぱいの栗に笑顔

9月16日水曜日15:36

「シャイン」狩り開始へ

9月16日水曜日15:26

店の前での飲食可能に

9月15日火曜日15:06

「贈り物」が山麓彩る

9月15日火曜日15:34

エールの街で老舗探訪/ロケ地訪問も/ヤマサちくわが飯伊在住者を特別優待

9月13日日曜日16:33

都内の高校と連携協定へ

9月12日土曜日13:33

繭づくり目指し大切に

9月12日土曜日13:58

安心して果物狩りを

9月11日金曜日15:52

拡大備えて検査体制充実

9月11日金曜日15:25








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞