昼神温泉郷で御湯始まる

文化・芸能

[ 2015年 12月 2日 水曜日 9時55分 ]

 阿智村昼神温泉郷で冬期間、稲わらで組んだ守り神の人形「湯屋守様(ゆやもりさま)」を温泉街に据え、温泉利用者の無病息災を祈る「昼神の御湯(おんゆ)」が1日、始まった。ことしは宿泊者向けにスタンプラリーも開催。各旅館の個性あふれる湯屋守様でさまざまな願い事を祈願する。

 初日の朝は、旅館関係者や観光客らが参列し、ご神体に神様を下ろす「降神祭」を阿智川に架かる恩出橋(おんだしばし)で執り行った。橋上には大湯屋守様をはじめ各旅館から集められた計17の湯屋守様がずらりと並び、熊谷睦男宮司が修祓、祝詞奏上し、温泉郷の繁栄と安泰を祈願した。

 御湯では「霜月祭り」に訪れた神様がそのまま滞在し、温泉に入るといわれる。湯屋守様は、神様が来ている間の魔よけとして各旅館の玄関先に飾られる。神様が帰る「お焚き上げ」(3月5日)までの期間中、入浴客には神様と一緒に温泉に入ったとしてご利益がある。

 各旅館の湯屋守様は、交通安全、子宝・安産などそれぞれのご利益に合わせて顔や形もさまざま。宿泊者にはスタンプ台紙が配布され、7つの湯屋守様を巡ると温泉入浴剤がもらえる他、完走者には抽選でペア宿泊などが当たる。

 昼神の御湯実行委員長の今井竜也さんは「昼神温泉にいよいよ冬がやってきた。湯屋守様は各旅館で手作りするものも増え、例年以上に個性豊かになった。冬の名物としてより多くの方に親しんでもらえたら」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

栄養士会が野菜キャンペーン

8月18日土曜日14:54

南信州広域連合が定例会議開く

8月18日土曜日14:57

戦後73年・伝える記憶3 満蒙開拓を歴史たどる 信州総文祭の高校生

8月17日金曜日18:26

戦後73年・伝える記憶2 「悲劇伝えるきっかけに」 水曲柳会が慰霊碑移転

8月17日金曜日17:09

戦後73年・伝える記憶1 「市民の力で支えたい」 満蒙記念館ボラ木村さん

8月17日金曜日17:37

泰阜村 横前村長が初登庁 風通しのいい行政へ決意

8月17日金曜日15:50

故人供養する花火も 時又で第41回灯ろう流し

8月17日金曜日15:08

お盆に大人の第一歩を 下伊那7会場で成人式

8月15日水曜日13:39

阿南町「新野の盆踊り」幕開け 3夜連続踊り明かす

8月15日水曜日13:19

りんご並木周辺で歩行者天国イベント

8月14日火曜日13:01

阿南町で和合の念仏踊り始まる

8月14日火曜日13:03

飯田で国際会議が開幕 人形劇のAVIAMA総会 アジアで初開催

8月11日土曜日14:00

泰阜村 松島村政6期24年に幕 拍手に包まれ笑顔で退任 

8月11日土曜日14:49

総文祭 飯田女子高で人形劇部門開催 人形で巧みに心情表現

8月10日金曜日16:14

「シャルルヴィル・メジェール通り」命名式 飯田市が友好都市30周年記念し

8月10日金曜日15:30